同業者やライバルがお客さまとして来たら、対応は変えるべきか?

● 同業者やライバルがお客さまとして来たら、対応は変えるべきか?

こんにちは、奥 武志です。

教室をされているコンサルメンバーさんから、こんなご質問をいただきました。

サロンでも飲食店でも販売でも、どこでも共通するお話です^^

「お客さまがいらしたら、感謝の手紙を書いています。先日、同業者の方がいらしたのですが、お手紙は普通に書いた方が良いですか?」

このご質問は、お手紙の話ですが、つまりこういうことですね。

同業者やライバルが、お客様として来たら対応は変えるべきか?

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s

あなたは、どう思いますか?

結論から言いますと、基本的には、他のお客さまと同じように接しましょう!

理由は、大きくわけて、2つあります。

1:まず、打算的な理由です(笑)

一応、お仕事なので、これも語っておきます^^;

同業といえど、その方自体、今後もお客さまになってくれる可能性もあります。

また、その方に気に入っていただけたら、その方のお客さまに、オススメしてくれる可能性だって、ありますよね。

変に差をつけて対応して、どこかでそれがわかったら、きっと良い気はしないでしょう。

逆の立場で考えても、わかりますよね。

差をつけられたら、なんか感じわるいはずです(笑)

2:あり方としての理由

そして、こちらの方が大切です。

同業者やライバルを、どう見るか?次第なのです。

敵として見るのか?同じ業界を盛り上げる仲間として見るのか?

偵察と受け取るか?興味をもって来てくれたと受け取るか?

奥としては、どちらも、後者であってほしいと思っています。

すべて、自分次第なのですね^^

だったら、差をつける必要なんて、微塵もないと思いませんか?

それに、、、、、、

1ddbf29f9852e01337de3ebad6e7af54_s

もし仮に、偵察で来ていたとしてもです。

なんなら、あなたの商品サービスをパクろうと思って来たのだとしても(笑)

あなたの接客に感動して、あなたの対応が嬉しくて、気づいたら思わず、ファンになってしまった!!

そこを目指すくらいの気持ちで、いつもいて欲しいのです。

ミイラとりがミイラになった!みたいな(ちょっと意味が違いますね、笑)

さらにいえば、たとえ、あなたの何かをパクられたとしても、それもまた、喜ばしいことです。

パクったということは、それだけあなたの扱うものに、価値を感じたから。

ぱくりたーい!と思ってしまうほどに^^

そうなったらなったで、わたしってスゴイんだな!と思ってオッケーです。

0c5ff21ff7d4174a8e04f5e60e06815c_s

お客さまから選ばれる人、ファンになっていただける人って、こういうマインドを持っています。

どんな方に対しても、満足してもらおう!という気持ちです。

そして、そのマインドは、誰にでも持つことができます。

では、どうやれば良いのか?

そのコツを、ここで詳しく解説します。

同業者やライバルさえも、ファンに変わってしまいますよ^^


お客さまの心をわしづかみ!リピートと指名が倍増する一流の接客法10日間メール講座
名字のみ(姓)  *  名字(姓)のみで結構です。登録のお名前は、必ず本名でお願いいたします
メールアドレス  *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする