まつ毛エクステやエステサロンで、トントン拍子に予約も物販も売れる接客法

● まつ毛エクステやエステサロンで、トントン拍子に予約も物販も売れる接客法

こんにちは、奥 武志です。

まつ毛エクステやエステサロンで、トントン拍子にご予約も物販も売れる方法について、お話します。

答えを先に言いますと、お客さまが何に困っているか?お客さまはどうなりたいか?の2つを聞くだけです^^

f51e92c0b51fa14d930f30bef7f9821f_s

売れない、予約につながらない方は、売ろう!予約をもらおう!と必死になりすぎです(笑)

初心に戻りましょう^^

例えば、エステサロンで、まつエクもしているコンサルメンバーの事例が、わかりやすいですよ。

今日もつい先程、聞く接客で、

まつ毛カールのみのお客様が、日焼け止め美容液をご購入されて、次回予約はフェイシャルとまつ毛カールでいただきました!

後、まつ毛美容液のご注文もいただきました!

『そんなものがあるの!?欲しかったのよ!』という感じにトントン拍子でビックリしてます。

このお客様は、一番最初、まつ毛カールで●月下旬にご来店されました。

目元を華やかにしたい、ビューラー等の日々のお化粧が楽にしたい、とのご希望で、このときは強いニーズはうかがえませんでした。

(中略)

お肌のお手入れについてうかがうと、

普段特別なことはしていない、犬の散歩で日に焼けるのに日焼け止めを塗っていない、ドラッグストアの日焼け止めは、添加物が気になる。

しみ、シワは気になるが、いい!という化粧品を使っても変化を感じられない。

お肌に赤みが出やすいことも伺い、

美容液成分たっぷりの日焼け止め美容液があるんですが、○○様みたいに洗い流した後の感じを気にされてる方も、いいって言っていただいてるんですよ。

で、ご購入に繋がりました。

まつ毛カールのきっかけの掘り下げをしていくと、

まぶたが重く感じる、目を大きくしたい、顔のむくみが気になる、同窓会があって、若々しい同級生に会った、今度は自分も若々しくなって会いたい。

●●と顔筋のこりが原因なのでフェイシャルマッサージが最適、むくみは●●が原因なので、

デコルテマッサージでしっかり脇のリンパに流していくフェイシャルコースがオススメとお伝えしてご予約をいただきました。

まつ毛のお話をさらにうかがうと、ビューラーでは短くて上がりづらい、ビューラーがダメージになってさらに短く、お化粧を楽しみたい、自まつ毛が抜けてしまったところもある。

ということを聞けたので、

まつ毛が伸びる、しっかりした毛になる、毛根さえあれば生えてくるというまつ毛美容液をご案内し、次回ご購入です。

(エステサロン、Tさん)


いかがでしょうか?彼女は、自分からは、ほとんどセールスをしていません。

やったことは、お客さまが何に困っているか?どうなりたいか?を聞いた。しかもめちゃくちゃ聞いています。

そして、じゃあこうすると良いです、これが良いですね、と言っただけです(笑)

76274d5c9b3e52eedee37999d423ebd1_s

いまいち、結果が出ないときって、どうしても、自分目線になりがちです。それは仕方のないことです。

ただ、自分目線になると、発想がこうなっていきます。

「どうしたら(私は)売れるのだろう?なんで(私は)売れないのだろう?」

「どうやったら(私は)次回予約を入れてもらえるのかな?」

このように、主語が自分になった発想のままだと、どんどん強引な会話になってしまいます。

でも、初心に戻って、お客さまの立場になって考えてみると、わかるはずです^^

どうやったら売れるか?と自分の都合ばかり考えている人に、お願いしたい!と思わないですよね?

だったら、考えることは、逆なのです。

主語を「私は」から「お客さまは」に変えてみてください。

お客さまは、何に困っているのだろう?お客さまはどうしたい、どうなりたいのだろう?

これがしっかりできるようになると、トントン拍子で売れるわけですね。

売り込まなくてもお客さまに選ばれるコツは、こちらでもお勉強してみてくださいね。無料ですので^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする