お教室やスクールなど教える系のお仕事で成功する2つのポイント

● お教室やスクールなど教える系のお仕事で成功する2つのポイント

こんにちは。奥 武志です。

久しぶりのシリーズもので、アメブロの方で、こんなお話をしてきました。

なぜ、接客を勉強するだけでは、接客のプロにはなれないのか?

誰も教えてくれない!お客さま対応力が自然と伸びる意外な理由とは?

あなたは、協会で資格を取った時に、ここまで教えてもらえましたか?

『学んだことを、人に教える技術と経験を増やすこと。』

これを意図的に学ぶと、お客さま対応力が、飛躍的に伸びます。特に、、、

・お教室をされている方(お料理、お菓子、ハンドメイド系等)
・サロンをされていて、講座もやっている方(手技や技術講座)
・セミナー講師や研修講師をやっている方

こういった「先生」のお仕事では、技術や知識だけではダメな時代です。

・教える技術(先生としての接客)
・顧客満足の接客(サービスマンとしての接客)

この両方をバランスよく身につけると、うまくいくのですね^^

逆にいうと、軌道になかなか乗れない先生は、この2つのどちらかが欠けている可能性がとても高いです。

DSC_0867-1.jpg のコピー

それで、今回のテーマで、こんなご質問をいただきました。

あけましておめでとうございます。いつもメルマガ、ありがとうございます。

教える技術について、質問させていただきます。教える技術とは、

・森を見て木を見せるということですか?
・もしくは、コーチングの要素ですか?
・それとも、小学生にも分かるような表現をするということですか?

ご質問ありがとうございます^^

伝える相手は、森と木のどちらが見えているのか?を確認してから教えること。

これがまず、重要ですね。どっちが先か?は、相手次第です。

次に、コーチングも、使えるものは使います。でも、ティーチングも重要です。

(コーチングとは、相手の中から答えを引き出す方法で、ティーチングは、自分から答えを、相手に伝える方法です)

結局、相手が何を知っていて、どう理解していて、どうしたいのか?がわかっていないと、意味がありません。

森を見せるか木を見せるかも、コーチングで教えるべきかティーチングで教えるべきかも、なにひとつ、わからないのですね。

もう、教える以前の問題なのです^^;

SONY DSC

では、ここまでを、いったんまとめます。

教える系のお仕事でよくある、2つの失敗パターン。

1:「相手を理解する」ステップが、抜け落ちているケース

2:教える技術(先生としての接客)と、顧客満足の接客(サービスとしての接客)の違いを、理解していないケース

ということは??結論は、こうです。

1:教える相手(生徒側)をもっと理解するには、どうしたら良いのか?を知る。

2:先生としての接客と、顧客満足の接客とは、具体的には何をする?を知る。

この2つさえしっかりわかれば、教える系のお仕事は、今の何倍もうまくいく!ということですね^^

お教室の先生をされている方も、講座をされている方も、セミナー講師をされている方も、全員共通です。

で、、、上記の1と2とは、具体的には、何に気をつければ良いの?

ここを、1月7日(土)のメルマガで、お話ししていきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする