講座やセミナーで、キャンセルを減らすカンタンな2つの方法

● 講座やセミナーで、キャンセルを減らすカンタンな2つの方法

こんにちは。奥 武志です。

先日、キャンセルポリシーや、キャンセル料の設定について、こんな記事を書きました。

個人サロンや教室で、キャンセル料規定は設けた方が良いのか?

急なキャンセルで困っている方が多いのか?過去最高のアクセスが集まりました(笑)

それで、これは、無形サービスは全般で、気になると思います。

そこで、今日は、講座やセミナーで、キャンセルを減らすカンタンな方法をお話しますね。

ゆっちさんとコラボ

まず、1つ言えるのは、サービス価格が安いほど、キャンセル率は高まる!ということです。

気軽に申し込める=気軽にキャンセルできる

なのですね。

だから、安売りしない方が良いわけです。

参加費30000円の講座
参加費3000円の講座

どちらが、申し込むのに勇気がいるか?当然、後者です。勇気を出して申し込んだら、絶対に行きたいですよね。

前者は、気軽に申し込める反面、用事ができたら簡単にキャンセルしやすいです。

次に、申し込みから当日までの間に、何をするか?でも、キャンセル率は、大きく違います。

・当日聞きたいことを、アンケートとして集めてみる。
・当日やることを、予告メールとして参加者全員配信で送る。

こういった、当日までの間に、期待が高まることを、やるだけでも、キャンセルは減りますよ。

もちろん、ブログやメルマガでも、セミナー関連の記事をあげられますよね。

余談ですが、カウンセラーさんのカウンセリングなら?

・お申し込みいただいた方の役に立つ記事を書く
・事前のヒアリングとして、いくつか質問を投げておく

こういうことも、効果的です。

いずれにしても、当日が楽しみ!になることを、やっていきたいですね^^

そして、ここまでやっても、キャンセルになるならば、それは本当にやむを得ない理由です。

お客さまご本人が一番、残念でしょうから、

「どうしたら、この方の残念を減らせるかな?」

と考える。

そうすると、また後日、お申し込みが来ることも、少なくありません。

ここで、やむを得ない事情なのに、事務的な対応で終われば、二度と申し込むことはなくなります。

そう考えると、キャンセル料を請求するという考えは、本当に、最後の最後に来るはず。

と、偉そうに言っていますが、私も昔は、上記のことをやっておらず、キャンセルにいちいち、落ち込んでいましたが(笑)

今でも、セミナーのキャンセルは、残念は残念ですよ。

ただ、なんかもう、そこに躍起になるのも疲れるし、マイナスオーラ全開になりますから。

で、キャンセルがまた来たりして(笑)

なので、何でも、プラスに考えるようにした方が良いですね^^


売り込まずにお客さまから選ばれてリピートが30%アップする一流の接客法
姓(名字のみで結構です。)  *  ニックネームや平仮名、カタカナ、英語などの場合は登録が自動的に解除されますのでお気をつけください
メールアドレス  *

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする