パークハイアットホテルで本当にあった、自信が持てない僕に勇気をくれた7つの物語

● パークハイアットホテルで本当にあった、自信が持てない僕に勇気をくれた7つの物語

こんにちは、奥 武志です。

1日10分読むだけで、仕事のモチベーションが3倍アップする本を、ご紹介します。

驚くほど、力と勇気が湧いてきました!仕事がとても楽しくなりました!と大好評です。

初心を思い出せました!失敗にくじけなくなりました!自然と笑顔が出るようになったんです!

そんな喜びの声が、たくさん届いている本ですよ。

気配りセミナー

この一冊には、口べたで気の利かない1人の男性が、数々の失敗や成功を経て、成長していく実話のエピソードが綴られています。

それが、こちらの、一流ホテルの世界で本当にあった、7つのエピソードです。

そう。約2年前に、出版させていただいた、私の初の著書です。

パークハイアットホテルで本当にあった 自信が持てない僕に勇気をくれた7つの物語(こう書房)

スクリーンショット 2017-04-02 21.54.33

おかげさまで、アマゾンホテル部門第2位、ホテル部門ギフトで贈られているランキング第1位を、獲得できました。

ありがとうございます^^

当然ですが、この本は、ホテルが舞台となっています。

ただ、ホテルマンや、接客業界の方、限定ではありません。

サロン、教室、カウンセラー、講師、士業など、ご自身でサービスを提供している方。

あるいは、飲食、旅館ホテルなど、店舗でお勤めの方にも、オススメです。

つまり、お客さまがいるお仕事なら、全ての方に、オススメできます。

また、大学生や専門学生などの学生さん、これから社会に出ていく方も、お読みくださっています。

何に意識を持ちながらがんばれば、一人前の社会人として自分を活かしていけるようになるのか?

手に取るように、ハッキリとわかるからです。

感想もたくさん、いただいているので、ご紹介させていただきますね。

よくあるホテルの感動サービスエピソード集や、ホスピタリティとは!!・・・という本とは、一味ちがいます。

ビシッとキメて一流ホテルで働いているのは、遠い世界の凄い人たち、、、と思いがちですが、この本の主人公は、かつての奥武志さんご本人。

もちろんプロ意識や向上心あふれる人もいるけれど、多くは、自分や友達と同じように悩んだり怒ったりイライラしたり、寝不足だったりする人たちなんだなあと、妙に親近感が湧きました。

お客として出向いて、優雅で落ち着いた感じや、背筋がしゃんとするようなあの感じではなく、

がっかりしたり焦ったりドタバタだって日常であるホテルの舞台裏を、読みやすくあたたかい文章で知ることができました。

そして、先輩後輩やお客様とのかかわりの中で、奥さんが様々な気づきを得て、すこしずつ人として成長していく過程に、いつのまにか感情移入している自分がいました。

手紙形式になっている各章末部分では、「あのときの、●●さん」とやさしく呼びかけ飾り気のない言葉で感謝が綴られていて、毎回ぐぐっときちゃうのです。

プレゼントにもおすすめです。

いま毎日がうまくいかなかったり、自信を失いかけているなら、この本を読むとやる気を取り戻せます。

開いた瞬間、間違いなく読みやすい!と思いました。

私、活字きらいなんですよ(笑)なのにスラスラ読めちゃいました。

小さいころから読書がニガテで、ほとんど読んできませんでした。

国語きらい、読書きらい、活字きらいな私が、20歳で専門学校を卒業したあと出版社に就職しました。

Room1のエピソードを読んだら、出版社時代を思い出し自然に涙が出ていました。

いろいろ失敗したし、なんで私がみたいなことがいっぱいありました。

いま毎日がうまくいかなかったり、自信を失いかけているなら、この本を読むとやる気を取り戻せます。

(鈴木さん、女性)

接客業じゃない人にも読んでほしいです。

本、読ませていただきました。

お話の中に、ちょっとクセのあるお客様が登場してきますが、どの方もお店のファンで、真心を持ってアドバイスしてくださっているんだなと感じました。

私も冷たい人は苦手ですが、人を先入観で決めつけないで、その人の言葉の裏にある思いをくみ取れる人間になりたいです。

私は田舎の主婦ですが、日常生活で生かせそうなことがいっぱいでした。

接客業じゃない人にも読んでほしいです。

(細川さん、女性)

ずっとそばに置いておきたい本だと思いました^ ^

本、読ませて頂きました^ ^

読ませて頂いて、一読者として、またリアルに接客の現場に立つ私にとって、

昨日までの私を頑張ったねって認めたくなる、そして今日から、優しくも強い気持ちで、お客様へ、そして一緒に働く仲間へ向き合っていける、優しくしたくなる一冊でした。

どんな接客how to本より(もちろん、素晴らしい本はたくさんありますが)今より一歩、前に進みたいという方には、大きく、また今は小さくても確かな勇気になる、ずっとそばに置いておきたい本だと思いました^ ^

(谷口さん、女性)

自分のことを見守ってくださっていたお客様のことを突如鮮明に思い出して、涙が出てきました。

昨夜から読み始めたばかりで、やっと、3部屋ほどルームチェックしました。

3行に1つ、「あ、これって、奥さんから教えてもらったことだ」って思うことばかりが書かれていて、1ページ進むのにこんなにたくさん「おくメソッド」(といっていいのか、わかりませんが^^;)が詰まっていて、こんなにたっぷりでお得!と思ってしまいました。

お客様と奥さんのエピソードのところでは、自分のことを見守ってくださっていたお客様のことを突如鮮明に思い出して、涙が出てきました。

お名前も存じ上げなかったけれど、自分にかけてくださったその方の微笑と声は何年も経っていても、違う職種についていても、今なお私を支えてくださっているのだと改めて感じました。

思い出させてくださってありがとうございます。まだ4部屋、チェックしないと。楽しみです。

(ハザくんさん、女性)

一気に最後まで読んでしまいました。

仕事から帰り、家事を済ますはずが、何気に開いて読み始めたら、一気に最後まで読んでしまいました。

冒頭のエピソード1の『武志くん』は、同じ年頃の私にそっくりでした。

その頃の私は、自分には努力はできない、努力ができるというのは才能の一種で、凡庸な自分には、その才能はないと、色々なものを投げ出していました。

そんな自分が変わったのは、奥 武志さんという人物を知り、自信なんてなくてもいいし、自信という概念にとらわれなくても良いと、解放されたからです。

本書を読み、自分の生きてきた過程、学んだ過程を投影して、なるほどなぁと、一種の正解をいただいたように思いました。

人が人との関わり合いの中で、成長していく様が、手に取るように分かる本です。

そして、本を閉じたあと、もっともっと読みたい、知りたい。読み終わってしまい、惜しい‼︎という気持ちを抱きました。

きっと私は、こちらの本を、これから何度となく開いていくでしょう。

読むたびに、きっとまた違った感じ方で読めるのではと思います。

(長野県、Sさん)


みなさま、ありがとうございます^^

なお、7つのエピソードには、さらっと読むだけでは気付けない、裏メッセージを隠してあります。

宝探しをする気持ちで、楽しみながら1ページずつ、ページをめくってみてくださいね。

10927716_799074336846643_1454344309_o 集合 加藤あいさんと 美穂さんブログ用 高野登さんと


私がパークハイアット東京で働かせていただいた約11年の間での、こんな出会い。

・失敗ばかりでどうしようもない僕の存在価値を、たくさんの涙で認めてくれた後輩たち

・半人前以下だった僕に、働くとはどういうこと?をゼロから教えてくれた上司と先輩

・サービスパーソンとして一番大切な考え方を、思いださせてくれたお客さま

・叱られてもおかしくないくらい、ダメな僕を見守り、ファンになって下さったお客さま

・逃げてばかりの僕が初めて、やりきりたい!と思えるチャンスをくれたお客さま

・人付き合いがヘタな僕に、人と関わる上で大切な考え方を教えてくれた上司

・目先のことにとらわれてはいけない、重要さを教えてくれたお客さま

この経験から学んだ、仕事をしていく上での大切なことを、お届けします。

なお、この一冊は、書店によくある、感動エピソード本ではありません。

ただ感動して終わりではなく、具体的には、どういうときに、どこに気持ちを持っていけばいいのか?が、わかるようになっています。

もしこれが、自分だとしたらどうするかな?と想像しながら読まれるといいですね。

あなたも、仕事を楽しむ方法を、知ってください^^

パークハイアットホテルで本当にあった 自信が持てない僕に勇気をくれた7つの物語(こう書房)

スクリーンショット 2017-04-02 21.54.33

・目次

Room1 どれだけつらくても光は射す
Room2 どうしようもないほどダメな僕を育ててくれたふたりの師匠
Room3 「お客さまのために」が独りよがりになることもある
Room4 人は知らないうちに誰かに育てられている
Room5 失敗を怖がるより、できることをやりたい
Room6 人を大切にするって、こういうことだったんだ
Room7 見守ってくれている人は、実はすぐそばにいるのかもしれない

・購入方法

書店の在庫が少なくなっているところが、多いです。

書店での購入希望の方は、書店に直接、ご注文ください。

インターネットでは、アマゾンが在庫が豊富なため、オススメです。

こちらから、ご注文をお願いいたします。

追伸、、、

私は子供のころから、自分に自信が持てない人間でした。

鈍感で、人の気持ちを察することができない、人見知りで自分を否定してばかりでした。

誰の役にも立てない人間だと、劣等感でいっぱいだったんですね。

でも、そんな私に、五つ星ホテルの先輩、同僚、お客さまたちが大切なことを教えてくれました。

一歩を踏み出す勇気、仕事に向き合い人と触れ合うとはどういういうことか?

そのおかげで、高いおもてなしが求められる一流ホテルで、約11年も働くことができました。

トレーナー、チームリーダー、VIP担当まで、経験させていただけたのです。

つまり、誰にでも、お客さまに喜ばれる人に、一人前になれる!ということです。

人として、社会人として、成長していくことができた実話の物語を、あなたに、お届けします。

あなたも、仕事を今よりももっと、楽しめるようになります。

この本は、きっとあなたにとって、働き方のバイブルになるでしょう。

1日10分読むだけで、涙と感謝の気持ちが溢れ出てきますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする