エステサロンのリピーター様には「さん付け」「様付け」どちらで呼ぶと良いのか?

● エステサロンのリピーター様には「さん付け」「様付け」どちらで呼ぶと良いのか?

こんにちは。奥 武志です。

2018年の新春特別企画で、メルマガの読者さんから、ご質問を募りました。

その回答を、音声セミナーにしてお答えします。お時間のある時に聞いてみてくださいね。

パソコン、スマホ、iPadなどで再生できますが、端末によって相性があります。

3つの再生方法が選べます。

(3つどれも再生できない場合は、申し訳ありません。また、ガラケーでも再生できません)

今回のご質問は、ブライダルエステサロンのリピーター様には「さん付け」「様付け」どちらで呼ぶと良いのか?です。

奥さん、こんにちは。いつも仕事終わりに拝見するメルマガを楽しみにしています。

私は現在ブライダルエステサロンで働いているエスティシャンです。

奥さんのメルマガやDVDを見て改めて言葉にされると、まだまだ改善の余地があると日々反省しつつ、足らない部分を意識して頑張っています。

最近、ふとお客様の呼び方について思うことがありました。

お客様とはしっかりコミュニケーションをとるように意識しており、通っていただいたりする間にだいぶ打ち解けたりするのですが、お名前の呼び方に迷うことがあります。

最初はご丁寧に案内をするのに〜様、でお呼びするのですが、かなり打ち解けた状態で〜様でお呼びすると、距離が遠いような気がしてしまうんです。

〜さん、とお呼びするのも仲良くなれば失礼ではないと思うのですが、サロンには初めてお越しいただくほかのお客様もいらっしゃいますし、サロンで統一すべきなのか悩みます。

よりサロンの雰囲気をお客様と近いものにするのによい知恵があればご教授ください。よろしくお願いいたします。

(エステティシャンの有希乃さんより)

学習塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づけて、ファンになっていただく秘訣

ブライダルエステサロンのリピーター様には、「さん付け」「様付け」どちらで呼ぶと良いのか、わかりましたか?

エステサロンで、お客さまに喜ばれる接客を身に付けたい方は、こちらも参考にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする