学習塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づけて、ファンになっていただく秘訣

● 学習塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づけて、ファンになっていただく秘訣

こんにちは。奥 武志です。

2018年の新春特別企画で、メルマガの読者さんから、ご質問を募りました。

その回答を、音声セミナーにしてお答えします。お時間のある時に聞いてみてくださいね。

パソコン、スマホ、iPadなどで再生できますが、端末によって相性があります。

3つの再生方法が選べます。

(3つどれも再生できない場合は、申し訳ありません。また、ガラケーでも再生できません)

今回のご質問は、学習塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づける方法についてです。

いつもメルマガ楽しみにしております。フリーランスとして塾の講師をしております。経営サイドです。

保護者の方、卒業生の保護者の方も含め、不思議と縁が切れない進学塾なのですが、もっとお客様との距離をクロースしたいんです。

「ファンを作る」。本当に奥さんのお話には共感させて頂いております。

定期的なお電話がけは頑張っているのですが、「頑張っていますよ!」のお手紙がいまいち書き方が分かりません。。。

なぜもっと距離を縮めたいのか?その理由は、

・地域で1番愛される塾になりたいから

・子どもたちの幸せそうな姿=私の喜びだから

・子どもたちの成績アップを心から願っているから

・「あの塾なら大丈夫よ。」と口コミしてもらえる塾にしたいから

・保護者の皆様にお子様の喜んでいる姿をもっとお見せしたいから

・子どもたちに喜んでもらいたい!(卒塾後も)幸せな人生を歩んでほしい!と心から願っているから。

・もっと売上をあげて、授業を講師に任せて、まとまった休みを取りたいから(今も講師は4名頑張ってくれてますが全てを任せるのはまだ心配です。)

・距離が近いことでお子様のことについて腹を割って話せるので、お子様の成長に必要な事を率直に伝えられ、また保護者の方も塾に話しやすくなり、それはめぐりめぐって子供たちの幸せに繋がるから

今、浮かぶ答えです。

もしかしたら今後変わるかもしれませんが、子ども本位の塾であり続けたい!という信念は変わりません。

(塾講師の和田さんより)

学習塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づけて、ファンになっていただく秘訣

塾の生徒様や保護者の方と心の距離を近づけて、ファンになっていただく秘訣は、いかがでしたか?

音声の中で話している、アフターフォローのお手紙の書き方ノウハウは、こちらです。

お客さまと心の距離を近づける方法は、他にもたくさんあります。

よかったら、こちらも合わせて、読んでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする