今まで、ありがとうございました。そしてこれからについて。

奥 武志です。

フェイスブックでも、途中までは、同じことを呟いたのですが、大事なことなので、ここで最後まで語ります。

奥 武志という人間に、興味がある人だけ読んでください。

それ以外の方には、どうでも良いことなので・・・

ただ、奥に興味が少しでもある方は、必ず読んでおいてください。

人は、今だけを見ていると、あまり変われていない気がする。

けど、数年前の自分を思い出すと、確かに変わったことに気づける。

奥の場合も、独立してからのこの5年を振り返ると、本当に色々なことがあった。

順風満帆とは言えない、失敗や壁だらけで、正に、ジェットコースターみたいな5年だった。

みんなの悩みを調べて、必要なことも聞いてみて、これならきっと、みんなに喜んでもらえるはず!

そう思って企画したことに、反応があったのは、2人だけ。

とか普通に何度もある。2人でもありがたいけど・・・

でも、これじゃあいったいいつになったら、一人前になれるんだろう?

って落ち込んだり、バンバンうまく行っている同業者を見て、凹んだり。

「自分は、誰にも求められていないのかもしれない」

そう投げやりになったり、自暴自棄になったこともたくさんある。

喜んでもらえた!ということがあっても、紹介に繋がることはなく。

みんなが社交辞令を言っているだけにしか感じられない、拗ねていた時期も多々ある。

その後も、三歩進んで二歩下がるみたいに。

うまくいくことがあると、うまくいかないことがまたやってくるを、ひたすら繰り返して来た。

もがいて、苦しんで、楽しんで、喜んで、また落ち込んで、嘆いて。

そうして感情に振り回されながら、必死こいてやってきたことを、知っている人は少ない。


フォト by 千葉さと美

カッコつけて、そういうのを見せたくなかった。

「意外です!奥さんも悩んできたんですね!」

「いつも冷静で、順風満帆にやってこられたように思っていました。」

そう言われるたび、そう思われる自分のキャラを維持しないと!

そう思い、また、プロ意識からも、あまり弱さを見せずに来た。

けれども、2年くらい前からだろうか?

等身大の自分を、もっと大事にしたくなって、この1年は特に。

どんどん自分の言葉を、発するようにして来た。

今でも、迷うことはあるし、想定通りいかないことが8割だ。

ただ、変わったことがあるとしたら・・・

壁がやってきた時に、その壁を越えること自体を楽しむようになったこと。

「来た来た。さあ次はどんな世界を見せてくれるんだい?その向こうにある世界は、どんな感じ?」

と、壁に向かってニヤリと、声をかけるようになったこと。恐れおののきながらも。

壁を1つ越えても、またすぐにやってくる次の壁に、憂いていた自分から、

次のステージに入る過程を、楽しむようになった。

そのあり方があっているのかどうかは知らないし、今後も高い壁は、次々にやってくると思うけど。

少なくとも、「これが俺だ。」そう胸を張って、歩める自分にはなってきたかな。

そして、以前はみんなに対して、成果やメリットを見せることで、来てもらえていた自分だったけど。

「結果が出るから」

ではなく。

「奥さんがいいから」

そういう理由で、知らないところで色々な方が、紹介してくれている事実を知り。

ようやっと、自分のこの生き方や生き様でも、共感してもらえる方が増えてきて。

そんな自分にやっと、オッケーを出せるようになった気がする。

おごりではなく、

「自分は意外と、スゴイかもしれない」

そう本気で、自分を認められるようになれた。

もちろんまだまだ上を目指したいし、人間的に抜けているところは多々あるけどね。

きっとこの投稿を、たまたま見たあなたにも、似たような経験があると思う。

5年前の奥と同じ状況の人もいるだろうし、それよりもっと前の状況の人もいるだろう。

ここ1、2年の奥のように、だいぶ変わってきたステージの人もいると思うし、人それぞれだ。

ただ、忘れないで欲しいのは、どういうルートを歩んできたとしても。

歩んでいく限り、壁は必ずまたやってきて。

でも、壁を越えるたびに、素晴らしい世界が、広がっていくこと。

それを楽しむか憂うかは、あなた次第なんだけど。

あの高みを超えた後に、落ちていく感覚さえ楽しむ人だけが、その向こうの高みを見られる。

それは、知っていて欲しい。

今まで、ありがとうございました。

奥は、このセミナーをキッカケに、次のステージに行きます。

もし、あなたも、仕事も人生も、自分自身をももっと、楽しみたいなら。

一緒にあなたも、次のステージに、行きませんか?

着いてきてくださる方は、これからもどうぞよろしくお願いします。

ちなみに、このセミナーでは、あるチャレンジをしようと思っています。

実は、奥のセミナーはいつも、半分はアドリブです。

だから、毎回、微妙に内容が変わっています。

でも、10月4日のトークライブは、ちょっとした初チャレンジをします。

テーマを決めている以外、内容はほぼアドリブで話します。

生の感覚。人肌感。空気感。リアリティ。

血の通いあう温かみ。臨場感。人間くささ。

心の機微や動き。感情。立体感。シンクロ。

今回は、こういうものを、大切にしたいから。

あ、怪しい自己啓発ではないので、ご安心ください(笑)

いわば、ミュージシャンのライブと同じ感じ。

音楽ライブの曲間の静けさに、心がワクワクするように。

話す途中で、じっくり言葉を選んだり考えたり。

そういう「間」さえも、楽しんでください。

当日は、実際どういう感じになるか?

奥も正直、よくわかりません。

過去最高に、ヘタクソなトークになるかもしれません(笑)

不安もありますが、ミュージシャンが、不安と戦いながらも、舞台で一生懸命になるように。

「不安という感情を、身にまとって語る姿」

そういう奥の、人間くさい部分も、どうぞ楽しんでください。

もしくは、温かい目で、見守ってください(笑)

グダグダになったとしても、そこも多分、面白いですよ。

時間内に、話をまとめられるのか?
時間が余ってしまうんじゃないか?

そういう恐れをそのまま、会場に持っていきます。

そう。

音楽ライブでも、歌詞を間違えたり、音響機材トラブルが発生したときこそ、会場が不思議な一体感で、包まれるように。

だから、話すテーマは、決めているけれど。

その場で、思いついたことも話すし、一方的に話すのではなく。

みんなからも、質問を投げてください。あなたとその場を、共有したいから。

「奥さんは、そのとき、どう感じたんですか?」
「その話はなぜ、今まで隠していたんですか?」
「ぶっちゃけ、それって後悔していませんか?」

などなど、ぶっこみの質問もオッケーです。

奥の話を、遮ってくれて構いません。

1対多のセミナーというよりも、1対1の魂のぶつかり合いを、多数やる。

そういうイメージかな。

音楽ライブで、オーディエンスがいるからこそ、初めて、ライブが成り立つのと同じように。

あなたも、会場の空気の1つに、なってください。

融合。ひとつになる。化学反応。感情移入。

共鳴、一体感、気持ちの繋がり、まじり合い。

混合。融け合い。フュージョン。居場所。

互助精神。連帯感。エフェクト。ひらめき。

色々なキーワードで、世界が生み出されていく感覚を楽しもう。

そして、つぐさんとの対談も、下打ち合わせはありません。

2人の掛け合いは、100%ピュアの化学反応。

言い換えたら、ミュージシャンが集まり、即興で演奏する、ジャムセッションです。

だから、2人の対談を聞いて、得られる恩恵は

「こういう風に、こういうことを話します!」

だと有限ですが。

今回は、そうではないので、まさに無限です。

コンサルタント奥 武志というよりも。

コンサルの仕事をしている、奥 武志という1人の人間として、この会場に向かいます。

そんな等身大の自分でしか、語れないことを語れたらいいなと思っています。

今、あなたの前にそびえ立つ壁を越えて、次の世界に進むヒントを、掴みに来てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする