医療広告ガイドラインは、整体やエステのビフォーアフター写真も規制対象?

医療広告ガイドラインは、整体やエステのビフォーアフター写真も規制対象?

こんにちは。奥 武志です。

2018年6月1日から、施行されたこちら。

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告し得る事項等及び広告適正化のための指導等に関する指針

いわゆる、医療広告ガイドラインですね。

「エステサロンのビフォーアフター写真も、規制対象になりますか?」
「整体院でお客さまの声を掲載していますが、消した方が良いでしょうか?」

などなど、色々なご質問をいただいています。

医療広告ガイドラインは、整体やエステも規制対象になるのか?

(最初に言っておきますと、私は法律の専門家ではありません。最終的にはご自身にて、確認をお願いします。)

では、医療広告ガイドラインの内容は、整体やエステも規制対象になるのか?

結論から言えば、エステや整体、カイロプラクティック、ヨガ、ピラティスなど、

病院や歯科などの、医療関係ではない民間資格の仕事は、対象外です。(美容医療は対象)

もちろん、今まで通り、薬機法(旧薬事法)、景品表示法、医師法、特定商取引法、消費者契約法などの法律に触れることはNGです。

(これについては、長くなるので省略します)

ただ、今回施行された医療広告ガイドラインは、あくまでも医療機関を対象としている、ということです!

しつこいですが、優良誤認や誇大広告は引き続き、ダメですよ^^

まあそもそも、今回書いてあるようなことは、当初から医療機関ではNGとされていたものばかりですが・・・

それでも広告で、ダメなケースが多いので、規制強化しまっせー!というのが趣旨なのかな?と。

NGになるリスクがある表現の事例集

せっかくなのであらためて、今までとこれからで、NGとされるものを、確認してみましょう。医療広告ガイドラインから、一部抜粋です。

例)

・患者の体験談の紹介

患者の主観であり、広告は認められない。

・「理想的な医療提供環境です」という表現

理想的であるかは、客観的な証明はできないことから、広告は認められない。

・「比較的安全な手術です」という表現

何と比較して安全であるか不明であり、客観的な事実と証明できない事項に当たる。

・伝聞や科学的根拠に乏しい情報の引用

医学的、科学的な根拠に乏しい文献やテレビの健康番組での紹介による治療や生活改善法等の紹介は、客観的な事実であるとは証明できないため、広告は認められない。

・「絶対安全な手術です!」という表現

絶対安全な手術は、医学上あり得ないので、虚偽広告として扱う

・「最高の医療の提供を約束!」という表現

最高は、最上級の比較表現であり、認められない。客観的な事実であるとも証明できない。

詳しくは、こちらをよく読んでおきましょう。

正直、長すぎて、何を言いたいのかよくわかりませんが、がんばって読みましょう(笑)

医療広告ガイドライン以上に、気をつけないとイケナイこと

ということで、整体やエステのビフォーアフター写真や感想は、直ちには規制にはなっていません。

ただ、ここで1つ、別の大きな問題があります。

医療広告ガイドラインは、今は、医療関係しか対象になっていない。

なのに、あたかも整体やエステなども対象になっているかのように、誤認させる情報が出回っています。

もう一度、言いますね。

医療広告ガイドラインが、整体やエステも取り締まり強化対象になっていると、誤解する情報が出回っています。

よく読んでいない人は焦って、

「ホームページを作り直さないと捕まる!」

なんて思ってしまわないかな?と。

いえ、実際に、そういう質問も増えています。

世の中の情報は、誤認させるものも多いので、本当によく確認すべきだと思います。

噂で聞いたとか、誰々が言ってたとかで、慌てるのではなく。

情報元をしっかり確認する。大元になるところに、事実かどうかの確認をする。

今回なら、厚生労働省のガイドラインをよーく読めば、わかります。

どこにも、エステや整体なども対象なんて、書いていません(たぶん、笑)

医療広告ガイドラインの件と、薬機法や景品表示法などの件。

この2つは関連していますが、別の話です。

今回は、この2つをごっちゃにした情報が多いので、誤認しやすいようです。

医療広告ガイドラインは、今は、医療関係のみが対象です。

ただ、将来的には、医療関係以外も対象になる可能性はあります。

引き続き、アンテナは立てておいた方がいいですね^^

最後に、この情報についてお願いです。

このページを、安易に「シェア」しないでください(笑)

まあ、していただいても良いのですが、各個人でしっかり読んで、個人の責任で判断してくださいね。

シェアって便利ですが、ネットの情報は、正しいものも間違ったものもあります。

最近は、間違っている情報が安易にシェアされて、余計な被害を被る人が増えている時代ですから。

各個人でしっかり確認する。個人の責任で判断する。これが重要かなと思います。



サロン・教室・カウンセラーで自分史上最高の売上を最速で達成する12ステップ
お名前(苗字のみで結構です)  *
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする