【9話】サロンでよくある負の連鎖を断ち切り、自己最高売上を達成!バストケアサロンの事例

【9話】サロンでよくある負の連鎖を断ち切り、自己最高売上を達成!バストケアサロンの事例

こんにちは。奥 武志です。

先日から、個人サロン向けの新連載を、お届けしています。

個人サロンが最短で成功する「王道」ですよ。

エステ、リラク、ネイル、美容室、足つぼ、アロマ、整体院など。

人気サロンに変えたい方は、必見です。

開業サロン、お勤めサロンの方、どちらにも役立ちますよ。

【新連載】個人サロン開業が最短で成功する、王道ノウハウ。

【2話】意外と抜けている人が多い?個人サロン成功のためのアタリマエのルール(あなたの質問にもお答えします)

【3話】クイズ!9割以上の人気サロンが大切にしている●●の法則とは?

【4話】断言します。個人サロンはこの2つだけで、必ず成功します。

【動画】サロンのイタイ集客とぶちゃいく経営(笑) 

【5話】閑古鳥サロンを、人気サロンに変える!2つのチェックポイント(1)

【6話】閑古鳥サロンを、人気サロンに変える!2つのチェックポイント(2)

【7話】個人サロン成功のサクセスマップとは?整体院の事例をお見せします。

【8話】サロン売上を伸ばす7つの方程式「FRAP」の全貌を公開します。

8話までは、オッケーでしょうか?

実際に、コンサルメンバーさんたちは、どんどん売上を上げています。

例えば、バストケアサロンのコンサルメンバーさんの場合。

こんな喜びのご報告を、いただきました^^

すでに今月売り上げが史上最高になりました!1本いきそうです。

ありがとうございます!!!

めちゃくちゃ嬉しいです(ハート)

奥さんのアドバイスが生きています。

コンサルお願いして良かったです涙

ひとまず、お礼まで。

おめでとうございます!嬉しいですねー^^

彼女は、コンサルに入られる前、自己流で経営をしていました。

そのため、サロンでよくある、負の連鎖に入りつつありました。

個人サロンでよくある、マイナスの連鎖1

まず、メニューがどんどん増えて、ごちゃごちゃになってきていました(苦笑)

こうなっている個人サロンは、少なくないと思います。

資格を取る

サロンを開業する

結果が出ない(売上、リピートなど)

技術が足りないからだ!と思う

新たな資格を取ったり、機械を導入する

メニューを増やす

ごちゃごちゃになって選びにくくなる

お客さまが迷ってしまい、ますます売れない

結果が出ない(売上、リピートなど)

以下、繰り返し

まさに、負の連鎖です(苦笑←ごとじゃない)

個人サロンでよくある、マイナスの連鎖2

また、そんなつもりはないのに、売り込みっぽい提案をしてしまったり、リピートが弱かったりという問題もありました。

これも、ハマってしまうサロンさんが、少なくありません。

カウンセリングをする、提案をする

売り込みたくないから弱腰になる

次回予約に繋がらない
コースや回数券が売れない

焦ってしまう

売り込みたくないけど必死になる

必死さから無意識に、どんどん強引になる

ますます次回予約に繋がらない
ますますコースや回数券が売れない

以下、繰り返し

負の連鎖パート2です(笑←だからそれどころじゃない!)

マイナスの連鎖を断ち切り、自己最高売上へ!

そこで、上記のコンサルメンバーさんは、メニューを整え直して、カウンセリングを改善して。

年末に、自己最高売上を達成。

さらに、5月もまだ数日残して、売上記録を更新されたそうです。

彼女の場合も、サロン売上を伸ばす7つの方程式「FRAP」を見直しました。

もちろん、全てが順風満帆とは言いません。

売上が伸び悩んで、弱音のSOSが届いたこともありますよ。

でも、諦めなかった。だから、伸びているのですね^^

彼女は特別な人、ではないのです。

あなたも、もっとお客さまに喜ばれて、自分史上最高を達成できます!

経営のキホンを見直し、接客のキホンを見直す。

いまの状態と、理想の状態を明確にする(数字的にもそれ以外も)

7つの方程式「FRAP」をチェックして、改善を図る。

たったこれだけで、リピート率や売上などは伸びますよ^^

サロン経営について、いただいている質問まとめ

それで、サロン治療院系の方に、質問を募っていましたが、次回より回答をしていきますね。

ここまでにいただいたご質問が、こちらです。

顧客満足、という部分で、施術中の会話の仕方です。

毎月お会いしている、気心知れた顧客さまとの会話で、よく上がるのが芸能ネタです。

電撃結婚!みたいな幸せ祝う系なら何も問題はなく、楽しんでお話弾むのですが。

賛否両論ある、いわばマスコミ騒ぎすぎとも取れるもので、困ることがあります。

最近もあったので、質問です。

基本、何事にも、同調、共感、することを意識していますが、事件物に関しては、芸能ネタは私はまず真実は報道されないと思っていて。

本人のこと、よくも知らないのに、まずマスコミの騒ぎ立て方が嫌であまり見ないようにはしています。

が、大体のことは耳に入ります。

最近話題によく上がり、お客さまの意見と私とで違ったお話では、山口くん、いしだ壱成さんのおバカさんっぷり、キョンキョン、小出恵介氏や高畑裕太氏の時もそうでした、、、とヘビー系です。

たとえ、ネイル中のたかが世間話でも、ワイドショー情報で悪口言いたくなくて・・・^^;

これを生真面目というのかもしれませんが。。。

お客さまの言いたいようにお話いただいて、たとえ私と違えども、私の考えはこう、と主張は控えます。

でも、そうですよね!と言ってしまうと、なんだか気分が悪くなりそうなので、なんと返事するのがいいのか、悩みました。

たまに意見を求められますし。

そして私自身、相手のマイナスの発言や空気にあまりやられず済む方法、その場を切り抜ける方法、そんなのはありますか?

手を握りながら向き合いながら、長時間の施術と会話なので、その方の波長が伝わってくるというか、攻撃的なマインドや発言は、心身共にぐったりしてしまいやすいのです。

奥さんの考えを、お聞かせいただけたらと思います。

(ネイルサロンの匿名希望さんより)

療術院をやっているSです。

今悩んでいるのは経営では集客をどのようにやっていったらいいのか?

接客ではリピートしてもらうため、サンキューレターをだしたらいいことはわかるのですが、

どんな文書にしたらいいか?アフターフォローはどのようにしていったらいいか?などです。

本当に基本も何もかも解っていないと思いました。

いちから学びたい!そう思いました。

(療術院オーナーのSさんより)

エステ&リラクゼーションの自宅サロンをしているSです。

メールセミナー、本当に勉強になります。

いままで何をしてきたのだと反省しきりです。

お客様への手紙でも、コースが残ってます。と書いていいのか?

1年以上来ないお客様にはどう書けばいいのか?

肩こりがつらくなったら連絡くださいとか書いていいのか?

悩みまくりです。

とにかく、出来るところから頑張りたいのでよろしくお願いいたします。

(エステサロンオーナーのSさんより)

最近悩んでることは、サンキューレターの2回目、3回目に何を書くかです。

1回目の御礼のお手紙はすんなり書けるのですが、2回、3回になるとどうしたら良いのかわからなくなります、、。

何か参考にできる考え方はありますでしょうか?

(ネイルサロンのMさんより)

ライブ配信、昨夜見ました。質問を取り上げて頂きありがとうございました!

競合のリサーチ、少しトライしてみました。(中略)

当たり前にやっている事やある物は、意味があってやっていて、何となくやってたらお客様には届きにくい。

ちょっとした積み重ねが、お客様に喜ばれるお店を作っているんだなぁと思いました。

で、奥さんのメルマガで希望したい事も沢山あります(^^;;

今気になるのが、フォローの手紙。

エステサロンで働いていた頃、お手紙は書いてましたが、それがリピートに繋がったお客様は記憶にありません 汗

フォローの手紙の基本のキから、教えて頂けると嬉しいです!

(鍼灸院のHさんより)

奥 武志様

こんばんは。いつも有意義な情報をありがとうございます。自宅サロンでエステをしているSです。

経営などちゃんとした基礎もなく、やみくもに仕事を始めて、いい感じになってきたかな…と思ったら壁に突き当たった、という状態です。

奥さんのお話を読ませて頂いて、全てに心当たりがり過ぎて、どこから手をつければいいか混乱しています。

質問もあり過ぎて絞れませんので、ただただメルマガを読ませて頂いて勉強したいと思います。

こんな状態で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

メルマガでお応え頂けるとのこと、ありがとうございます。

新たな困る質問を、上げてもよろしいでしょうか?

「その服可愛い、どこで買ったん?いくら?!」

買った物の値段はお客さまにあまり言いたくないです。

「毎月何人お客さんいるんですか?」

売上を探られている雰囲気なのです。

みなさま、ご質問を、ありがとうございました!

それでは早速、次回からこれらの質問に、お答えしていきますね。

ただ、この先は、完全に有料級の濃いノウハウを公開します。

人気サロンを本気で作りたい方だけに、読んで欲しい。

そこで、サロン限定メルマガを、新たに作りました。

回答は、通常のメルマガではなく、サロン専用メルマガで、公開します。

こちらを今すぐ、ご登録いただき、楽しみにお待ちくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする