【6話】閑古鳥サロンを、人気サロンに変える!2つのチェックポイント(2)

【6話】閑古鳥サロンを、人気サロンに変える!2つのチェックポイント(2)

こんにちは。奥 武志です。

先日から、個人サロン向けの新連載を、お届けしています。

エステ、リラク、ネイル、美容室、足つぼ、アロマ、整体院など。

人気サロンに変えたい方は、必見です。

【新連載】個人サロン開業が最短で成功する、王道ノウハウ。

【2話】意外と抜けている人が多い?個人サロン成功のためのアタリマエのルール(あなたの質問にもお答えします)

【3話】クイズ!9割以上の人気サロンが大切にしている●●の法則とは?

【4話】断言します。個人サロンはこの2つだけで、必ず成功します。

【動画】サロンのイタイ集客とぶちゃいく経営(笑) 

【5話】閑古鳥サロンを、人気サロンに変える!2つのチェックポイント(1)

今日は、前回の続きを、お話しますね^^

閑古鳥サロンを、人気サロンに変えるポイントの1つ。

それは、今の状態を、把握すること!でした。

個人サロンオーナーとして逃げてはイケナイこと

今日は、人気サロンに変える、2つめのポイントを解説します。

2つめは、昨日ご紹介したメールが、ヒントですよ。

恥ずかしながら昨年末からサロンと並行してアルバイトをはじめました。

賛否両論あるかと思いますが、以前の自分は、頑なにサロン1本で、どんなに借金が増えても投資だと思ってきました。

ですが、現実的に厳しくなり、このままアルバイトに逃げてしまえば、サロンは閉店と思いますが、

いついつまでに(明確な目標があります)サロンを軌道に!という強い想いが自分の中にしっかりあれば、一時の通過点として、、、というか仕方なくというしかありませんが(笑)

コンサルの方にはそのアルバイトの時間が勿体ないと仰る方もいます。

それでは失敗すると。 本にも書いてありました(笑)

奥さんはどのようなお考えなのかな。メルマガ内でお返事をいただけるのであれば、嬉しいです。

(リンパサロンのAさんより)

Aさん、明確な目標を持っているのなら、奥は賛成ですよ!

土台があって初めて、大好きなことに集中できますからね。

恥ずかしくなんてありません。

それに、ひとりサロンも、立派な経営者です。

経営していくのに必要な資金を、なんとしてでも用意しよう!

というその意気込みは、素晴らしいと思いますね。

お金を稼ぐことも、自己投資することも、どちらも大切。

一番の逃げは、資金を稼ぐことも、自己投資も、どちらもしないこと。

そんな風に思います。

どちらか一方では意味がないですし、両方やらないなら、経営者ではありません。

そして、こちら。

「コンサルの方にはそのアルバイトの時間が勿体ないと仰る方もいます。それでは失敗すると。本にも書いてありました(笑) 」

んー、確かに、そういう考え方もあります。

ただこれって、程度の問題かな?と思うのですね。

例えば、目先のお金のために、バイトをやりすぎてしまい。

サロン経営の日々の仕事が、おざなりになってしまったり。

サロン経営に必要な学びの自己投資を、やめてしまったり。

そうなると、循環しなくなり、サロンは衰退していきます。

これでは、アルバイトの時間が、足かせになりますよね。

では、Aさんの場合、なぜ問題がないのか?

ここで、最初の話に舞い戻ります。

現状把握と同じくらい大切!理想の●●を明確にしよう!

人気サロンに変えるポイントの1つめは、現状把握でしたが。

現在地がわかっても、目的地があいまいなら、前に進めません。

例えば、もしあなたが、東京にいるとわかっていても。

北海道に行きたいのか?沖縄か?神奈川か?大阪なのか?

目的地によって、ルートが変わりますよね?

北海道や沖縄なら、飛行機だし、神奈川なら電車で、大阪なら新幹線。

どのルートかも、何に乗るかも全てが、変わってしまいますよね。

波に乗れないパターンのサロンの場合は。

「気づいたら大阪に着いたけど、私が来たかったのはここじゃない・・・」
「飛行機に乗れ!と言われて乗ったけど、私はどこに向かってるの??」

こうして、迷子になってしまっているんですね。

「いついつまでに(明確な目標があります)サロンを軌道に!という強い想いが自分の中にしっかりあれば、一時の通過点として、、、」

人気サロンに変えるポイントの2つめは、これです。

自分の理想の状態を、明確にすること!

理想の状態とは、大きくわけて2つありますよ。

1:売上や顧客数やリピート率など、目標とする数字的なゴール
2:お客さま層やお客さまとの関係性など、理想とするイメージ

閑古鳥サロンは、この理想があいまい。人気サロンは明確です。

そして、カラーセラピストのBさんからは、こんなメールをいただきました。

奥さん、いつもありがとうございます!

バイトしたら失敗する?の話ですが、実際問題、経済的な問題で私自身はやっています。

●●を稼ぐ必要があるので、その合間にはお客様との予約でサロンを開けて、仕事をする二足の草鞋です。

サロンのお客様を増やすまでは、バイトをやめる事は今は出来ないと思いますし、

その中でお客様を増やし、結果バイト代を上回る安定になって来ればといつも頭においています。

Bさんも、二足のワラジで、がんばっているのですね^^

素晴らしいと思いますよ。

あとは、目標を明確にされると、もーっと良いですね。

「サロンのお客様を増やすまでは、バイトをやめる事は出来ない」

これは、具体的にいつまでにどこまで引き上げるか?ゴールを決め。バイトは、いつまでやるか期間を決める!

「結果バイト代を上回る安定になって来ればと頭においています」

これは、結果的にこうなれば、、、ではなく。いつまでに、どんな状態にしたいか?を決める!

Bさんの今後の、飛躍のカギはこのあたりです^^

全体的に言えることなのですが。

個人サロン経営は、ブログを書けば良いというものではなく。

SNSにあれこれ手を出すのもまた、違います(笑)

経営のキホンをしっかり学び、実践すること。

結局は、何と言っても、これがいちばん重要です。

ひとりサロンだって、立派な経営者ですからネ^^

ただ、個人サロンの多くが、もう1つ見落としているものがあって・・・

ここが抜けていると、何年がんばっても、自転車操業から、抜けられません。

逆に言えば、ここさえ抑えれば、

個人サロンで成功するサクセスマップが、ついに完成します。

次は、その最終的なサクセスマップの全貌を、公開しますね。

個人サロン成功のサクセスマップとは?実際の事例をお見せします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする