【満員御礼】おひとり様起業で売上がサクッと3倍になる!周りの人を最強の味方に変える方法

● おひとり様起業で売上がサクッと3倍になる!周りの人を最強の味方に変える方法

こんにちは、奥 武志です!

教室やサロン、カウンセラーなど、個人事業の方が、周りの人を味方につけて、売上も自由な時間も3倍にする方法を、お届けしますね。

あなたが好きで始めたお仕事を、時間に追われずゆとりを持って、楽しくがんばれるようになりますよ^^

開業したばかりの方は、半年後につまづくことなく、スムーズに、月商30万、50万と軌道にのせることができます。

もうすでに、軌道にのっていて、これから次のステージへ!という方も、あなたの一番やりたいことに、集中する時間を手に入れることができます。

労働集約型のお仕事にピッタリの、ひとりでがんばらずに、上手に味方をつける方法をあなたにお教えしますね。

売上をドカンと伸ばすことも、売上は今のまま、時間をサクッと増やすことも、どちらもできますよ。

IMG_6254

私は、ホテル、パークハイアット東京で11年、VIPからファミリーまで、5万人のお客さまを、接客してまいりました。

現在は、リピート率80%を超える接客法のセミナー講師、コンサルをしています。

おかげさまで、のべ3000時間以上、500名以上のクライアント様、受講生の方に、アドバイスをすることができました。

その中には、カウンセラー、自宅サロン、教室など、ひとりで成り立つ「おひとりさま起業」の方も、たくさんいらっしゃいました。

こうした仕事は、資本が大きく必要ではなく、お客さまから感謝されて、やりがいもいっぱいの、素晴らしいお仕事です。

ただ、難点なのが、労働集約型のため、「時間の切り売り」「肉体労働」になってしまうこと。一人でがんばり続けるには、限界があるのですね。

でも、ある方法を取り入れることで、驚くほどカンタンに、問題は解決できます。

たとえば、家事や育児と両立できるようになったり、ダンナさまに理解してもらえるようになるので、負い目を感じずに、楽しくお仕事を拡大できます。

また、相談相手がドンドン増えていきますから、精神的にもグッとラクになりますね^^

数字が苦手で経理作業をためてしまっている方でも、あなたが本来、一番やりたいことに、集中して取り組めるようになります。

お客さまが増えてきたのに、対応しきれず売上が伸びない!といったモヤモヤは、これでもう、霧が晴れたように、なくなりますよ。

働く時間をグッ!と減らして、売り上げが何倍にもなる方法があるのです。

事実、私も、その方法を取り入れてから、自分にしかできないことや、得意なことに、集中できるようになりました。

将来、開業を考えている方、すでに開業していて、自由な時間をもっと増やしたり、売り上げを伸ばしたい方。

あなたにこそ、ぜひ、聞いて欲しいこの方法を、リクエストにお応えして、セミナーでお届けすることになりました! 

12002851_865211510221683_2371161330128735247_n

最近は、家庭を持っている方や、副業でも、おひとりさま起業を始める方が、どんどん増えています。

でも、コンサルをしていて、全員に共通していることに、気づきました。

お客さまが5人、10人と来てくれるようになると、真綿でくびをしめられるように、じわじわと時間が足りなくなってしまうのですね。

経理作業に、確定申告に、メールのチェックにと、睡眠時間が減り続けて、好きで始めたはずなのに、ちょっとキツイなあ、、、

ああ、今日も洗濯物がたためない。じぶんの時間も、持ててないなあ、、、

そんな感じで、100%全員!!と言っていいくらいの確率で、みなさん、時間の限界という壁に、ぶちあたってしまうのです。

ところで、先日、コラボランチ会をさせていただいた、女性起業家のアドバイザー、福島美穂さんにも、こんな質問が届いたそうです。

みほさん2

「自宅サロンをやっています。幼い子供もいて、動ける時間が限られているので、どのように取り組んでいけば良いのか?悩んでいます」

こういった問題を抱えている方は、少なくないのですよね。

ちなみに、私も、起業当初は、やはり時間が足りなくなって、睡眠時間がどんどん減ってしまう時期がありました。

売上が20万を超えたあたりから、朝から晩まで、ブログを書いて、メールの返信をして、1日があっという間でした。

このままいくと、仕事が拡大する前に、倒れてしまうんじゃないか??そんな不安を抱えながら、孤独に、時間と戦っていましたね。

そして、美穂さんも、やはり、同じような時代があったそうです。

でも、美穂さんも私も、このままではマズイ!とお仕事のやり方を変えたことで、そこからサクサクっと、売上は2倍、3倍と伸びました。

やり方を変えたことが、本当に、大きなターニングポイントでしたね。

美穂さんブログ用

では、私はいったい、どうしてこの壁を突破できたのか?

結論から言うと、セミナーの受講生、コンサルのクライアント様など、お客さまがパートナーとして、味方についてくれたことで、全て解決しました。

しかも、長い間、ボランティアで手伝ってくれていました。雇用ではなくて、無償です。お給料0円です。

みなさんそれぞれ、仕事や家庭がある中で、合間に、メールチェックや問い合わせ対応、発送代行をしてくれていたのですね。

お代、払いますよと言っても、いえ、恩返しのつもりなので、お金はいりません!!と断固、拒否されたのです(笑)

「武志さんのお仕事は素晴らしいって、私自身がわかっているので、広まっていくお手伝いをしたいだけなんです!」

「武志さんのサポートに心から感謝しています。だから、お願いですので、有志で手伝わせてください」

そんなことも言っていただけて、涙が出そうなほど、感謝しています。

「でも奥さん!私にはお願いする人なんて、いません、、、」

そう思いましたか?それは、大きな誤解です。

それでも、私は頼める人なんていないよ!って思うなら、きっと、そこには、恐れがあります。

心のどこかで、甘えちゃいけない、頼るなんて情けない、まだ私には頼るほど価値はない、など。

だから、見えなくなっているんですね。周りの人も、あなたに声をかけられないだけなのです。

今回のセミナーでは、どういう仕事の仕方をしたら、ボランティアでもいいから手伝わせて!と言っていただけるのか?

そして、そういうご好意を、恐れをなくして、感謝の気持ちで、受け取れるようになるのか?

事業家としての、マインドも、セミナーでお伝えしたいと思っています。

12307373_894145620661605_8017353237782881005_o

では、福島美穂さんの場合は、どうやって解決してきたのか?

美穂さんは、女性起業家のための集客・経営アドバイザーで、中小企業診断士、そして、産業カウンセラー。

テレビや新聞にも出た実績をお持ちで、独立前には、顔も名前も出さずに、1年でファンを1000人も、獲得されています。

最初に美穂さんのブログを見た印象は、こうでした。

「なんていう実績。きっと、芯が強くて、頭のいい方で、バリバリのキャリアウーマン。才能がもともとある方なんだろうな。」

ところが、いつお会いしても、誰にでも、ニコニコと、ひまわりのような笑顔で、声をかけてくださいます。

お客さまたちから、とっても愛されていて、女性としても、人間的にも、魅力的な方です。

ふんわりやわらかい内面と、このすごい実績のギャップは、いったい何だろう?最初は、疑問でした。

でも、美穂さんの過去を伺って、判明しました。

それは、大きな苦難を経験して、それでも諦めずに、前を向いて努力してきたから、愛と思いやりが溢れているのですね。

結婚後に、婦人科系の病を患い、激痛におそわれて、入退院を繰り返していた美穂さん。ご主人の理解も、なかなかもらえず、

「こんなに頑張っているのに、なんで、わかってくれないんだろう?」

こう悩んでいた時期があったそうです。

でも、ご主人ともう一度、向き合おう!!と決心してから、次第にご主人との仲も復活。応援してくれるように。

この経験から、仕事と家庭の両立を、とても大切にするようになったそうです。

ところが、今度はお父様が、事故で介護状態になり、仕事にかけられる時間は、ごくわずかに、、、

もう、ひとりでがんばる限界を感じて決意。

「やみくもに取り組むのではなく、周囲の共感や理解を得ながら、がんばろう!」

そして、当時、正社員で働いていた妹さんを口説き落として(笑)、会社を辞めて、味方になってもらうように、懇願したそうです。

現在では、妹の美香さんは、講座の一コマを担当してくれるパートナーになられています。美穂さんは、こう言っています。

お互いに、ぶつかることもありますし、励ますこともあります。でも、大切にしていることがあります。それは、3年後、5年後、こんな未来が待っている!!というビジョン(未来像)を共有することです。私たちが取り組んでいる、女性起業支援には、こんなにワクワクする未来が待っている!っていうものを、ブラッシュアップしながら共有しています。そうすると「どうしたいか」「どうするのが良いのか」というのを考えるようになって、工夫が生まれるんです^^

想像するとわかると思いますが、身内と仕事をするって、案外むずかしいです。

家族だと、遠慮なく意見を言い合ってしまうので、お仕事として割り切って付き合うのは、ハードルが高く感じますからね。

でも、美穂さんは、それでも大事な妹さんを、自分のベストパートナーとして、味方につけることに成功。

「遠慮なく意見を言い合ってしまう家族」を「遠慮なく意見を言える味方」に変えたのですね。

お父さまの看病や、ご主人との関係、ご自身のご病気など、さまざまな困難をあきらめずに、乗り越えてこられた美穂さん。

がんばっている女性を応援したい、みんなに笑顔になってほしい、「やったね!」って喜び合いたい。

そういう愛が、いっぱい、あふれている方だから、人柄も実績も、素晴らしいのですね^^

10月22日ランチ会1

そこで、私と美穂さんは、心に決めました。

おひとりで開業してがんばっている方に必要な、裏ワザをお届けすることを。

「好きで始めたお仕事を、みんなに続けてほしい!私たちが過去の失敗を公開して、そのやり方をお教えして、孤独にがんばっている人たちももっと活躍してもらいたい!」

まだ開業していない方も、開業したばかりの方も、今まさに時間の壁で止まっている方にも、聞いてもらいたいこの方法。

あなたも、あふれるほどの笑顔いっぱいで、あなたのサービスを全力で、お客さまに届けられるようになりますよ^^

12307373_894145620661605_8017353237782881005_o

いったいどうやって、私と美穂さんは、周りの人を味方につけて、お仕事をどんどん広げてきたのか?全てを公開します。

美穂さんのパート

家族(パートナー)があなたの応援団になる!効果的なアプローチ
周囲が「あなたのために」と動いてくれる!良い関係の作り方
自分でやる?外注する?効率的に取り組むための見極めポイント
おひとり様起業の孤独な不安が「安心」に変わる!チームの組み方
忙しくてもスキマ時間でできる!理想のファンを引き寄せる3つの秘訣

奥 武志のパート

お客さまから「手伝いたい」と応援していただける!ファンができる接客の極意
ひとに頼るのが苦手な方でも味方がドンドン増える!甘え上手になる方法
おひとりさま起業を成功させよう!コラボやジョイントでファンを増やすコツ
副業の1日2時間でも成功できる!おひとり様起業の時間の効率的な使い方
モチベーションがずっと続く!忙しくてもくじけない5つの習慣

(内容は、皆さんの声を元に調整していきますね)

もう、ひとりでがんばるのではなく、あなたを誰よりも応援してくれる最強の味方をつけて、あなたの事業への思いを、日本全国に広げていきましょう。

そのために必要な、私たちが経験した、失敗談も成功談も、あらいざらい、お話しします。

では、おひとり様起業で、周りの人を最強の味方に変える秘密を聞きたい方は、次のリンクから、お申し込みをお願いいたします。

11203213_745717332192688_2214569699339250990_n

おひとり様起業で売上がサクッと3倍になる!周りの人を最強の味方に変える方法

日時

2016年1月28日(木) 10時15分から、15時00分
(途中、ランチ休憩を一緒に、とりましょう♪)

会場

「新宿三丁目会議室」
東京都新宿区新宿3-32-10 T&Tビル5F

都営新宿線 新宿三丁目駅(A1・E9)徒歩1分
東京メトロ副都心線、丸の内線 新宿三丁目駅(A1・E9)徒歩1分
JR新宿駅東南口・中央東口 徒歩3分

スクリーンショット 2015-05-20 01.22.44

今回、小さなお子様のいらっしゃるママさんもいらっしゃることを考え、時間は、延長保育でもまかなえる時間にしました。

これで、安心して、参加できますね^^

お支払い方法

銀行振り込み、カード決済、どちらも承ります。

・振り込み手数料は、ご負担ください。
・振り込みは、振り込み確認ができた時点で申込み完了となります。
・カード決済は、世界で最も大手システムであるペイパルを使用します。

ソリューション画像

価格

今回の内容は、美穂さんと奥が、何年かけて見つけてきた内容です。

また、これにより、完全にひとりでやっていた頃と比べて、売上は2倍、3倍になりました。

仮に、あなたのお仕事がすでに月商15万円ならば、30万円はサクッと超えられるようになります。

すでに30万を超えている方なら、50万円も届くでしょう。

そう考えると、今回のお話は、50000円以上でも、十分に満足いただけるものです。

ですが、美穂さんと、ギリギリまで相談しあって、一人でも多くの方に、お届けしよう!と決めました。

豪華なランチ弁当代込みで、25000円です。

元を取れる取れないのご料金ではないですね(笑)

その代わり、あなたには、一生あなたを応援してくれる味方をつけて、あなたらしく大活躍してほしい!と思っています。

では、会場であなたとお会いできるのを、楽しみにしています!

このセミナーの受付は終了しました。 

特商法に関する表記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする