【考察】安室ちゃんと結弦くんに濃いファンが多い理由。

奥 武志です。

お客さまに喜ばれて、自分のファンになってもらおう!

人柄(世界観)&気配りの融合型ファン作り

そんなメソッドを、連載でお届けしています。

ここまでの記事は、読んでおいてください。

1話:【新連載】あなたの来年のライバルは、この人です。

2話:お客さまに選ばれる人に最速でなる方法は、何だと思いますか?

3話:2019年の顧客満足のトレンド

4話:【初公開】人柄(世界観)&気配りの融合型ファン作りメソッド

5話:ファンとアンチの決定的な違いとは?

6話:【メソッド1】人柄型(世界観型)ファン作りの全貌。

ご感想が、ゾクゾクと届き始めています。

やはりこうして、反応をいただけると嬉しい(笑)

今日はその中で、良い視点だなと感じた感想を1つご紹介します。

私なりの答えですが、ストーリー性かなと思います。

過去の失敗や苦悩、道のり、そしてその後への変化。

読み手からすると、自分と照らし合わせたりしながら、親近感や記憶に残るのではないかな?と思いました。

あとは、お客さまとの、コミュニティといいますか、仲間意識といいますか。

こうして返信をする事で、グッと距離が近く感じますし

デジタル化してきた今だから、メールへの返信などで、お客さまとの距離が近くなり、信頼度やコアなファンが増えるのでは?と思いました。

メールを、ありがとうございます。

この感想をくれたのは、フォトグラファーの彼女。

彼女は、美容室のオーナーもされていて、以前にコンサルを受けてくれていた方。

とても良いポイントに気づかれていて、さすがだなあと感じましたね。

結弦くんにはなぜ、濃いファンが多いのか?

まず、過去の失敗や苦悩、変化などのストーリー。

多くの人は、そこに自分の人生を投影しますね。

例えば、オリンピック選手を、応援しているとき

・過去の挫折したエピソード
・日頃、陰で努力しているストーリー
・練習でこだわっていること

こういう姿を見ると、俄然、エールを強く送りたくなるはずです。

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、あんなに人気なのはなぜか?

それは、世界一の技術があるからではなく。

彼のひたむきな姿勢、怪我を隠してでも出場する情熱、練習への並々ならぬ覚悟など。

バックグラウンドストーリー(BGS)があるから。

もし、そういうストーリーが何もなかったら?

いかに世界一の結果を出していても、すごいなー!と思うだけで、終わるでしょう。

安室ちゃんにはなぜ、濃いファンが多いのか?

では、引退した安室奈美恵さんが、なぜあんなに人気を維持できたのか?

確かに、ダンスも歌も上手く、ルックスも素敵な方なのですが。

ダンスや歌が上手い人は、たくさんいるはず。

ただ、彼女のスタイル、生き様、ファッションによる世界観があって。

そこに憧れて、みんなファンになったわけです。

こうして、BGSのパワーは、日常でも無意識に体感しているのですね。

気配り型ファン作りの要素、ちょっと出し。

そしてもう1点、良いご意見が書いてあります。

「お客さまとの、コミュニティといいますか仲間意識といいますか。」

「デジタル化してきた今だから、メールへの返信などで、お客さまとの距離が近くなり、信頼度やコアなファンが増えるのでは?」

そうですね。

こういう、繋がりもまた、ファンになっていく要素の1つです。

ちなみにコレ、人柄型(世界観型)としてもそうではありますが。

次回に話そうと思っている

2:気配り型のファン作り

ここにも通じる部分です。

お客さまとの距離感を、近づけていく。お客さまからの信頼を、積み上げていく。

そうするために、やるべきことがあります。

これについては、改めて解説しましょう。

ということで!良い感じで、感想が届き始めているので(笑)

この調子で、ご意見をもう少しお待ちしています。

2:気配り型のファン作り

この新たな事例を添えた解説は、もう少しだけお待ちください。

ご感想は、このメールに返信で、奥まで届きます。

takeshi.oku@sekkyakumentality.com

あなたからの感想や質問を、お待ちしています。

「スゴイ感想」は、いりません。

短くても良いので、あなたが感じたままで書いてみてください。

それでは、いよいよ、気配り型の事例を、ご紹介しましょう。

【メソッド2】気配り型ファン作りの全貌は、こちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする