2019年の顧客満足のトレンド

奥 武志です。年末からの新連載は、もうご覧になりましたか?

今回の連載テーマは、2019年の顧客満足に関するトレンドになります。

2019年、あなたも、お客さまに選ばれる人になれます!

「あなたがいないとダメなんです。」
「あなたにお願いしたいんです!」

そう言われる人になれます。

今回の連載では、その一番強力な方法を、お届けしていきます。

起業、副業している人なら、お客さまがどんどん来てくれます。

つまり、新規集客もリピートも、うなぎ登りです。

もちろん、ガツガツしなくても、そうなれます。

お勤めの方は、顧客様が増え、会社からの評価が上がっていきます。

時代の変化と共に、環境は大きく変わりました。

漠然とがんばるだけでは、選ばれない時代になりつつあります。

でも、問題ありません。

解決策は、ちゃんとあります。

そこで、今回の新連載を、始めることにしました。

あなたが、最速で、お客さまに選ばれる方法をお教えします。

それでは、ここまでの記事を、おさらいしましょう。

【新連載】あなたの来年のライバルは、この人です。

お客さまに選ばれる人に最速でなる方法は、何だと思いますか?

さて、あなたは、皆さんの意見を、どう感じましたか?

似たものをまとめると、こういう感じですね。

・相手が喜ぶことを考えて、さりげない気遣い
・好意を持ってくれていると感じさせる承認感
・お客様にどうなってほしいかビジョンを持つ
・わがままが通り、世間話や冗談を言い合える

・自己開示する。期待しているプラスアルファ
・普段行かない環境で、普段会わない方に会う
・挫折を経験としてパワーに変えて乗り越える

・ストーリーから見えてくる、魅力や人柄
・独りよがりではない思いやりを持つ
・お客さまの話を受けとめる

これらは、すべて正解です。

ただ、奥はちょっと違う視点で見ています。

1つめの記事で、

「ある方のメールに、そのヒントが書いてあったのでご紹介しますね。」

こう話したメールのそのご本人からも、意見が届きました。

これを見ると、最終的な答えが見えて来ます。

「相手の期待を超えること」かな?と思いました。

・忘年会だから、色々な人がいるから、主催者の人とはそんなに話しはできないだろう。
・お料理も美味しくて雰囲気も素敵で、充分満足。来てよかった〜。

と思っているので、それで充分満足なのです。

ですが、そんなこちらの事前期待をサラッと上回る対応を、いくつも奥さんがしてくださったんですね。

「いい会だった、楽しかった」

で終わらずに、本当に感動してますますファンになりましたし、この感動を伝えなければ!!と思ったのだと思います。

「この位やっておけば、大丈夫だろう」ではなく期待値を超えて、喜んでいただくために、何ができるか。

私も考えていきたいと思います。

(おだじまさんより)

おだじまさん、ありがとうございました!

このご意見も、全員が賛成でしょう。

ただ、ほぼ全員の意見に共通しているのは、なにをするか?です。

奥が注目していたのは、そうではなく。

選ばれにくい時代でも、お客さまがどうなれば、選び続けてくれるか?

この視点からいくと、結論はここ。

「感動してますますファンになった。」

もう、わかりましたね。

時代が変わる今後、選ばれる人になるためには?

お客さまに、ファンになってもらえる人になる。

これが、正解です。

え?ファンって、いまさら?奥さん、前から言ってるじゃん!

そう思った人も、多いかもしれません。

確かに、今までも言ってきましたが、その傾向がより一層強まってくる。

奥は、そう先を読んでいます。

なぜなら、商品もサービスも、溢れかえる時代。

より一層、お客さまは、人につくからです。

同業者も増え、AI化され、海外からも人が来て、商品やサービスが溢れる中。

「良い商品やサービスが手に入った!」という顧客満足から、

「この人にお願いしてよかった!」という顧客満足に、移行して来ています。

だから、お客さまが選ぶポイントは、誰から買うのか?誰にお願いするか?です。

そして、

「この人が良い!」
「●●さんが良いんだよ。他の人じゃダメ。」

そう思ってもらうには、ファンになってもらう以外に道はありません。

でも、奥さん、私は芸能人ではないよ?

そう思うかもしれませんが、ファンは芸能人だけの話ではありません。

私たち一般人でも、ファンがいる人は増えています。

あなたの周りで、自分のお客さまがたくさんいる人を思い浮かべてください。

そのお客さまは、その人のことが大好き!という状態ではないですか?

それが、ファンです。

では、ファンとは、具体的にはどういう人か。

あなたの人柄や考え方、働きぶりや生き方。価値観や、なぜこの仕事をしているのか?などのバックグラウンドなど。

そういう部分に、共感して、応援してくれる人。それが、あなたのファンです。

自分のファンを、1人でも多く生み出せる人。

それが、これからの時代に、選ばれる人です。

お勤めの方は、ファンと言われても、ピンとこないかもしれませんが。

お勤めで働いていても、同じですよ。

例えば、元セミナー受講生で、現在は奥の秘書をやっている小嶋の場合。

セミナー受講生時代に、こんな報告をくれました。

ファンになっていただく方法を、セミナーで学んで来たのですね。

それで、小嶋は美容室のレセプションとしてずっと働いていますが。

彼女に会うために、店に足を運ぶお客さまが今も何人もいます。

過去には、飲食店で働くコンサルメンバーさんでファンが増えた人もいます。

その方は、お給料の良い会社に転職を成功させました。

セラピストで、あなたが良い!と指名してくれるファンを増やした人は、多数います。

指名を増やして、独立した人は何人も。

アパレル販売員さんでも、あなたから買いたいと言ってくれるファンが生まれました。

彼女は、退職を考えた時に、厳しかった店長から引き止められるほどの人材に。

奥自身も、著書に書いていますが、ホテル時代にファンがいました。

(まあ、奥は多くはなかったですが、苦笑)

でも、その経験を積み重ねて、独立を成功させて来られたのです。

ファンが付いてくれる人に、なれるかどうか?

これが、あなたの未来を、大きく左右します。

ファンがつかない人は、残念ながら生き残れない時代になっていきます。

ただ、ここまで言っても、まだピンと来ない人がいると思います。

次は、もっと具体的に、事例を紹介しながら、解説しますね。

【初公開】人柄(世界観)&気配りの融合型ファン作りメソッド(事例あり!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする