3話:「接客業の七不思議」としか思えませんでした・・・

3話:「接客業の七不思議」としか思えませんでした・・・

こんにちは。奥 武志です。

この2つの記事を、もう読まれましたか?

1話:【超重要】発表。お客さまの心をワシづかみにする究極の極意とは?

2話:【初告白】実は、奥が教えているのは、接客術ではありません。

お勤めの方も、起業している方も、お客さま相手のお仕事の方なら、全員に読んでほしいですね。

おもてなしやサービスや、ホスピタリティの本をいくら読んでも、2つの極意なくしては、時間のムダ。

そう言っても、大げさではありません。

読まれた方から早速、こんな感想が届いています。

3回、読みました。リンク先も、メールも。

ギブアップしたくはありせんが、これはギブアップです汗

雲をつかんでいるような感じです。

(答えは)あるけれど、つかみきれない。

コンサルで教えていただいた、

「ちょっとだけ中の見える福袋」ってすごいですね!

今も、まだ諦めきれず、答えを模索しています。諦めが悪いのです(笑)

明日のメルマガ、心からの2乗、いや、3乗くらい、楽しみにしています!

迷走させてしまい、申し訳ありません(笑)

奥は2014年から、2年間以上かけて、12種類以上のセミナーを開催してきました。

なぜ2年以上も、かかったのか?というと。

お仕事タイプ別や、学びたい目的別にわけたから。

こんな感じで、9つのシリーズになっています。

一流ホテル直伝の接客術は、本当にさまざまなノウハウがあって、極めていけば、無数のノウハウがあるんですね。

それらのノウハウの一部を、さらに詳しく講義したのがこれです。

まだセミナーでは、出したことがないものも、大量にあります。

ただ、、、

実は、あらゆるノウハウの中で、特にこれは外せない!!というものがあります。

それが、今回取り上げている、2つの極意です。

例えば、サロンで、こんな疑問を、感じたことはありませんか?

同じような悩みの方に、同じように施術と接客をしたはずなのに、、、

なぜ、次回予約を即決する人と、また考えますとうやむやにする人に、わかれるんだろう?

なぜ、次回予約をたくさん獲得できる人と、さっぱり取れない人に、わかれるんだろう?

例えば、お教室で、こんな疑問を、感じたことはありませんか?

「●●先生の大ファンなんです♪」と言っていたはずなのに、、、

なぜ、2、3回レッスンに来たら、パタッ!と来なくなってしまう人が、いるのだろう?(ファンだったんじゃないの?)

なぜ、もの静かだなあと感じるのに、末永くずーっと通い続けてくれる人が、いるのだろう?(気に入ってくれてたの?)

例えば、販売の仕事で、こんな疑問を、感じたことはありませんか?

なぜ、商品を説明したら、納得顔で買う人と、ジャマくさそうな顔で、立ち去る人がいるのだろう?

他にも、、、

また来ますね!と言っていたのに、二度とこない方がいる反面、本当に来てくれる方もいます。

また、同じ接客をしても、喜んでくれる人もいれば、なぜか怒る人もいれば、響かない人もいます。

奥はホテルの新人時代、ずっと不思議でした。

「接客業の七不思議としか思えない!」

たしか、先輩の前で、本当にそう言い放ったことがあります(笑)

「人間相手の仕事なんだから、当たり前だよ^^」

先輩からは、そう言われましたが。

その一言で片付けたら、不器用な奥には、対応の術が見つからない(涙)

だって、同じことをやっても、お客さまによって結果がコロコロと変わるのだから。

で、ずーっと考えていたのですが。

あるとき、ホテルでずっとお客さまを観察していて、気づいたのです。

なぜ、こういうことが起きるのか?その理由を。

はい、まだ引っ張りますよ(笑)

10話くらいで、完結できると思います。(たぶん、苦笑)

最後までしっかり、読んでくださいね。

おそらく、お客さま対応の真髄、とも言えるテーマですから。

それでは、続きをお読みください。

4話:「サービス業に正解はない」は間違いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする