8話:史上最強の7メソッド、唯一の弱点。

8話:史上最強の7メソッド、唯一の弱点。

奥 武志です。

新連載の「お客さまの心をつかむ極意」は、いよいよ佳境に入ってきました。

前回の7話では、魔法の質問をご紹介しましたね。

その質問をすることで、お客さまのクセが、あぶり出されます。

1話から7話まで、しっかりと読んでみてくださいね。

1話:【超重要】発表。お客さまの心をワシづかみにする究極の極意とは?

2話:【初告白】実は、奥が教えているのは、接客術ではありません

3話:「接客業の七不思議」としか思えませんでした・・・

4話:【誤解】「サービス業に正解はない」は間違いです。

5話:【極意1】コンビニの100円おにぎりvs一流シェフのフランス料

6話:顧客タイプ別対応メソッド7分類を解説!(事例も添えたよ)

7話:顧客の特徴が3秒でわかる「魔法の質問」伝授します。

今回の連載には、反響メールがどんどん届いています。

熱いメールをたくさんいただけて、嬉しいですね^^

例えば、こんなメールも届いていますよ。

以前単発コンサルを受けさせて頂いた。リラクゼーション勤務Sです。

今日のメルマガの顧客別タイプの内容にとても興味を持ち、その理由をお伝えしたいと思いました。

なぜ興味を持ったかというと、自分自身得意なお客様と苦手なお客様の差が激しく、日々の対応で難しさを感じており、この内容について知りたいと感じたからです。

何かヒントになるものをさせて吸収頂けたら幸いです。

(リラクゼーションサロン勤務のSさんより)

昨夜のメルマガ納得です。お客様のタイプ別に接客。

マッサージ業界にはゴットハンドと呼ばれる方がいらっしゃいますが

そのような方たちは施術に入る前に、体を触って、または見立てて、その人にとって最高の施術を組み立てて施術をしてくれます。

そのような方は奥さんがおっしゃっているような方法でその人にとって、最高のおもてなしをされているのだろうと思いました。

私はまだ経験値が少ないですが、そういう方たちのようにお客様別に、最高の施術をしたいなぁと思いますし、それが必要だと考えています。

つい新規の方、もっと増やしたいなぁと思いがちですが、メルマガを読んで、あらためていまいらっしゃってくださるお客様の満足度を上げたいなと思いました。

お客様のタイプ、シーン別の対応法、知りたいです。

(アロマサロン、Mさんより)

先日、ちょっと触れたのですが、、、

「顧客タイプ別対応メソッド7分類」は、最強です。と言いつつ。

1つだけ、弱点があります。

そのヒントが、上でご紹介した2つのメールに、隠れています。

「得意なお客様と苦手なお客様の差が激しく、難しさを感じて・・・」
「私はまだ経験値が少ないですが、そういう方たちのように・・・」

つまり、接客する側のタイプにより、得手不得手がある!ということです。

お客さまがどういう方なのか?わかったとしても。

自分に向いていないやり方だと、こうなることがあります。

「わかっているけど、うまくできない><」

でもこれ、逆に言えば?

あなたの性格や考え方、行動の習性や特性がわかれば、問題は、すべて解決します。

お客さまの心を最速でワシづかみにする、究極の極意は2つある!

奥はずっと、そう言ってきましたよね?

お客さまの特性 × 自分の特性

この2つが揃えば、お客さまに選ばれる、最高峰のメソッドが揃うことになります。

ただ、性格や考え方、行動の習性や特性は、超クセモノなんですよね。

なぜなら人間は、自分のことって、自分がいちばんわからないから。

ほら、あなたも経験、ありませんか?

他人にはアドバイスできるのに、自分のこととなると、迷走すること(笑)

「自分の顔は、世界中で唯一、自分だけが見られない」

というのと同じですね。

そこで明日、この問題を解決する唯一の方法を、公開します。

顧客の特性(7メソッド) × 自分の特性(?)

この2つで、お客さまのタイプに合わせて、自分の強みを活かした方法で接客する。

これならば、お客さまに喜ばれる人に、イヤでもなってしまいます。

ではいったい、自分の特性はどうすれば、わかるのか??

こちらで、公開しました。

9話:あなたの個性がわかる!取り扱い説明書があります。

いよいよ、核心に迫ってきましたね。

追伸:

今回の連載についての感想や、なぜ興味があるのか?

あなたの声を、送ってくださいね。

いただいたメールを元に、お届けする内容を決めていきます。

送信先アドレスは、こちらです。

takeshi.oku@sekkyakumentality.com

メールが少ない場合は、連載を打ち切ります(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする