2話:【初告白】実は、奥が教えているのは、接客術ではありません。

2話:【初告白】実は、奥が教えているのは、接客術ではありません。

奥 武志です。こちらはもう、読まれましたか?

1話:【超重要】発表。お客さまの心をワシづかみにする究極の極意とは?

これを読まれた方から、言われました。

「うーん、極意ってなんですか?読んでも全然わからない!諦めない気持ちとかですか?」

残念ですが、違います。

と言いますか、読んだだけでは、たぶんわからないと思います。

かなり間接的だから(笑)

いつもはズバッ!と結論を、先に言いますが、、、

今回は、ズバッと言わなかったのです。

なぜなら、結論を言っても、おそらく多くの方がこう思います。

「ああ、確かに●●と●●は、大切ですね!」

こうして、表面的にさらっと受け取って、わかった気になって、終わってしまいやすいのです。

それだけ、シンプルなものなんですね。

だから、あまり安易には、言いたくないんですよ、、、

そうは言っても、奥はホテル時代も起業してからも、この2つのおかげで、仕事を続けてこられました。

不器用で口べたで、コミュニケーション能力は、人並み以下。

そこから、VIP担当になったり、講師コンサルとして独立起業を成功させられたり。

まるで映画のような、作り話みたいなストーリーですが。

だから、なんとか本質が伝わるように、慎重にお話しています。

そして今、コンサルやセミナーを通じて、奥が教えていること。

それは、お客さまに選ばれる接客術、では、ありません。

究極を言えば、お客さまに選ばれる接客術ではなく。

この2つの極意を、お教えしているんですね。

初告白です、、、

お客さまに選ばれる接客術より、大事なものなんです。

その2つを、AとBとしましょう。

例えば、Aの極意を知っていくと、こんなこともできます。

奥はコミュニケーションが今でも、得意ではありません。

なのになぜ、お客さまの気持ちに沿ったお手紙が書けるのか?

Aの極意があるから。それだけなんです。

また、今日のコンサルでは、こんな成果報告もありました。

初級のセミナーの回数を減らしても、みんな来てくれているし、

別のテーマのセミナーにも、ちゃんと来てくれました。

結果的に、売上は維持したまま、仕事の手間は減ってラクになりました^^

お陰様で気がついたら、集客に対する不安がかなり無くなって来て、メンタルが安定しているお陰で、

新たな仕事を増やしたり、拡大出来たりするので、本当に有難いです。

(カウンセラーのFさんより)

とあるセミナーの開催回数を、減らすようにアドバイスしました。

なのに、売上は下がらず、むしろ手間は減りました。

この成果は、Bの極意に沿った、アドバイスをしたからです。

つまり、まとめると、こういうことがおきます。

Aの極意を身につけると、不器用な人でも、お客さまに喜ばれる接客ができる!

Bの極意を身につけると、ムリなくスムーズに、あなたらしく活躍ができる!

そんな未来が、待っているのですね。

一流ホテル直伝の接客術は、お客さま対応の最高峰です。

これは、間違いありません。

その証拠に、身につけた方々は、自分史上最高の結果を残しています。

でも、、、

いくら、一流ホテル直伝の接客術を学んでも、AとBの極意なしでは、活かせないんですね。

例えるなら、一流ホテル直伝の接客術は、高性能のパソコンです。

どんなに良いパソコンでも、使い方がわからなければ、機能を使いこなせないですよね?

2つの極意が重要な理由は、それと同じことなのです。

もしあなたが、今まで一生懸命、がんばってきたのに。

理想的な結果を残せていない。お客さまから選ばれていないなら。

高性能のパソコンを買ったけど、使い方がわかっていない。

そういうことだと思います。

うーん、まだちょっと、わかりにくいかな。。。

とにかく、今までがんばってきたのに、望む結果が出ていないなら、この2つの極意に、原因が隠れていると思ってください。

この2つの極意をわかっていなければ、努力は実りにくいです。

例えば、新人時代は、こんな疑問で頭がいっぱいでしたね。

3話:「接客業の七不思議」としか思えませんでした・・・ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする