15話:顧客タイプ別心理7メソッドの成果2「サロンにキャンセル待ちや2ヶ月先の予約が入るように!」

15話:顧客タイプ別心理7メソッドの成果2「サロンにキャンセル待ちや2ヶ月先の予約が入るように!」

奥 武志です。

お客さまの心をつかむ2つ極意を、連載形式でお届けしています。

1話:【超重要】発表。お客さまの心をワシづかみにする究極の極意とは?

2話:【初告白】実は、奥が教えているのは、接客術ではありません

3話:「接客業の七不思議」としか思えませんでした・・・

4話:【誤解】「サービス業に正解はない」は間違いです。

5話:【極意1】コンビニの100円おにぎりvs一流シェフのフランス料

6話:顧客タイプ別対応メソッド7分類を解説!(事例も添えたよ)

7話:顧客の特徴が3秒でわかる「魔法の質問」伝授します。

8話:史上最強の7メソッド、唯一の弱点。

9話:【極意2】あなたの個性がわかる!取り扱い説明書とは

10話:「本当に個性がわかるの?ただの占い?」と疑ってかかった結果・・・

11:最強コンビ結成。そして始動。

12話:【公開】顧客心理×個性心理で顧客対応のスペシャリストになる方法

13話:わずか3日間で、230人以上の方が参加表明!とんでもないことに・・・

14話:顧客タイプ別心理7メソッドの成果1「紙1枚で次々とお客さまがファンに!」

15話:顧客タイプ別心理7メソッドの成果2「キャンセル待ちや2ヶ月先の予約が入るように!」(現在の記事)

最終話:自分を活かして周りの人も幸せにできる。これがISD個性心理学の真骨頂。

顧客の特性(一流ホテル直伝の7メソッド)×自分の特性(ISD個性心理学)

この2つあれば、起業している方もお勤めの方も!

お客さま相手の仕事をしている、全ての方にとって、顧客の心をつかむ、史上最高の極意になります。

顧客タイプ別対応メソッド7分類の成果を1つ、ご紹介しますね。

あなたも、個人サロンで、2ヶ月先の予約が入るようになります。

しかも、新規のお客さまが、キャンセル待ちまでしてくれます。

例えば、マツエクとネイルサロンの彼女の事例が、わかりやすいですね。

12月のご予約が、結構入り始めました^^

予約が取れないと困ると言われることが増え、

先なんですけど、予約取りたいんですがと今朝もLINEをいただき、朝一のお客さまも11月と12月、そして1月のご予約も取って帰られました。

今からお越しいただくお客さまも、いつもは直前のご予約だったのですが、

「25日に行った際に次回の予約を取って帰ります」

と、ご予約の際におっしゃっていました^^

2週間位までは、予約がいっぱいでとお断わりするのが、理想?だなぁと思っていたのですが。

今のこの状況は嬉しい反面、今から特に体調管理を気を付けないといけない時期なので、プレッシャーでもあります(笑)

彼女のサロンは、リピーターさまが増えすぎて、新規の方が予約を取りにくい状態になりました。

今では、2ヶ月先の予約まで、入るようになっています。

また、新規の問い合わせがあっても、新規枠が少ないため、お断りしないといけないことが、増えています。

その後、こんなご報告も、くださっています。

新規の方が、キャンセル待ちまでしてくれるようになったんです。

奥さんのおかげです^^

新規の方のキャンセル待ちは、最近では数名いて。

空きがないため、1週間以上待って、ご予約をくださっています。

さらに、数年前にお越しいただいたお客さまが、ブライダルのため。

マツエクとネイルで、片道1時間以上かけて、お越しくださるなど、嬉しいことも起きているそうです。

あまりに素晴らしすぎて、ちょっと意味がわかりません(笑)

リピーター様、ファンが増えたコツは、いくつかありました。

その中の1つは、やっぱりこれでしたね。

お客さま層に合わせた、取り組みをしたから。

コンサルでは、お客さまについて、色々と話を伺いました。

それで1つ、わかったのは、彼女のお客さまは、彼女のキャラが好きな方が多いということ。

そして、ちょっと前のめりな方が、多い印象がありました(笑)

そこで、LINE@を活用したり、来週の空き状況を開示したり。

次のご予約を、早く入れられる取り組みに、集中していただいたのですね。

結果として、次回予約のペースが早まって、2ヶ月先の予約まで、入れてくれるケースが増えました。

ただ、忙しくなる反面、プライベートの自由な時間が、少なくなっていきました。

例えば、毎月の新作デザインを考える負担が、大きかった。

そこで、毎月の新作デザインを、あえて減らしてもらいました。

彼女のお客さまは、彼女のことを応援するタイプの方が、多いから。

(そうでないなら、デザインを減らすのはリスクが高いです)

「デザインを減らしたら、不満に繋がるのでは?」

そんな不安もあったようですが、案の定、状況が良くなりました♪

自由な時間は増えつつ、リピーター様の不満は全く出ないどころか、選びやすくもなったそうです。

このように、お客さま層に合った取り組みをする。

それだけで、好循環がどんどん起きた例ですね。

もちろん、あなたにも、こういう成果は出せますよ^^

そこで、このメソッドを、お伝えしたいなと思っています。

聞きたい!教わりたい!という方がいれば、徹底解説しようかなと。

こちらに、その詳細を書いておきました。じっくり、ご覧くださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする