最終話:自分を活かして周りの人も幸せにできる。これがISD個性心理学の真骨頂。

最終話:自分を活かして周りの人も幸せにできる。これがISD個性心理学の真骨頂。

奥 武志です。

お客さまの心をつかむ2つ極意を、連載形式でお届けしています。

実際に、どんな成果が出ているのかも、公開しました。

14話:成果事例「紙1枚で、次々とお客さまがファンに!」

15話:成果事例「サロンにキャンセル待ちや2ヶ月先の予約が入るように!」

これらの成果は、お客さま層全体を分析した事例です。

でももちろん、お客さま個々の場合も、同じような成果が出ます。

いえ、むしろ、個々の場合のほうが、精度は上がりますね^^

そして、今回の内容を、もっと詳しく聞いてみたいか?の投票も行っているのですが。

今日は最後に、ISD個性心理学の事例を、ご紹介しますね!

水野さんがとても面白いエピソードを教えてくれました。

ちょっと長いんですが、アメイロカフェをやってた時の実体験です。

カフェで現場の仕事をしていた頃、スコーンという焼き菓子を作って販売してました。

かなり人気があって、マルシェなどのイベント出店でも、開始30分ほどで100個近いスコーンがなくなる時もありました。

しかしこのスコーン。作るの結構大変なんです。

粉と卵と牛乳などをまぜ、1日冷蔵庫の中で寝かせてから、一つ一つを同じグラム数に分けて、手作業で形どっていきます。

水野は、この同じ作業をする事が、あまり好きではありませんでした。

どちらかというと、新作のスコーンを考えたり、どうやって販売するか、企画を考える方が好きだったんです。

でも、ISD個性心理学で自分の生まれもった個性を知った時に、

自分は企画を考えたり、全体的なプランを考えたりする方が得意

という事に気づいたんです。

そこで、ある女性スタッフも診断してみました。

するとそのスタッフは、同じ事でも高いレベルでコツコツと積み上げていく事が得意で、その女性にとっては苦でもなんでもなかったんです(笑)

僕はてっきり自分が苦手な仕事だから、この仕事をスタッフにもやらせたら、嫌がるだろうと思ってましたが、実は全く違っていたんです。

彼女にとっては、そこの能力を発揮する事で、自分の強みを活かしたりいきがいを感じたりできる仕事だったのです。

実際、本人も単純作業の方が楽しいし、出来上がった時の達成感がたまらないらしく、

お任せする事で、仕事の効率もクオリティーも上がり、自分もメニュー作りに時間を費やす事が出来るようになりました。

「自分の得意を上司に認めてもらえたり、その仕事を任せてもらえるのは嬉しいです!」

と言ってくれましたね~

いかがでしょう。

ISD個性心理学のプロ、水野さんが、教えてくださった実話のエピソードです。

このエピソード、お仕事をしていると、よくありそうなシチュエーションですよね?

でも、すごく重要なポイントが、隠れています。

なんとなく、こういう作業は好きだけど、こういう作業はイヤ!みたいなのって、あります。

でも、イヤな仕事があると、こう思ってしまうわけです。

「私は甘いのかな。イヤだけどやらなきゃなあ。でもやりたくない。ああ。こうしてまた逃げている私は、ダメだな><」

こうして、心のどこかで、自分を責めたり、ただ単にイヤイヤでやるだけで終わります。

そうすると、作業1つ1つに愛がこもらず、愛のないサービスや商品をお客さまに届けることに。

あるいは、向いていない他の人に、やらせてしまい、ますます大変なことになったり(汗)

ところが、特性や個性がわかると?

>自分は企画を考えたり、全体的なプランを考えたりする方が得意という事に気づいた

こうして、なるほど!と一発で、腑に落ちます。

その上さらに。

>そのスタッフは、同じ事でも高いレベルでコツコツと積み上げていく事が得意で、その女性にとっては苦でもなんでもなかった

>てっきり自分が苦手な仕事だから、この仕事をスタッフにもやらせたら、嫌がるだろうと思ってましたが、実は全く違っていた

こうして、得意な人を見つけられたり、思い込みにも気づきます。

その結果。

>彼女にとっては、そこの能力を発揮する事で、自分の強みを活かしたりいきがいを感じたりできる仕事だった

>「自分の得意を上司に認めてもらえたり、その仕事を任せてもらえるのは嬉しいです!」

>お任せする事で、仕事の効率もクオリティーも上がり、自分もメニュー作りに時間を費やす事が出来るようになりました。

このように、自分を活かし、周りの人も活かせます。

自分も幸せな仕事に集中できて、周りの人にも幸せを増やせる!

これが、ISD個性心理学の真骨頂です。

あなたも、もっと自分をフル活用してください。

あなたの周りの人も、幸せにしてください。

ISD個性心理学なら、それが実現できます。

そして、もっと言えば。

顧客の特性(一流ホテル直伝の7メソッド)×自分の特性(ISD個性心理学)

この2つを、学ぶと、、、

お客さまの幸せと、自分の幸せと、周りの幸せ。

これが全て、実現できる!ということです。

お客さまの心をワシづかみにする究極の極意!と言いましたが。

自分と関わる全ての人を、幸せにする極意、と言っても良いかもしれませんね。

その極意を、水野さんスペシャルコラボで、お届けします^^

最終的なお知らせは、こちらから優先的にお知らせしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする