カウンセリングは受けないけど会いたいですと言われたらどうすべきか?

● カウンセリングは受けないけど会いたいですと言われたらどうすべきか?

こんにちは。奥 武志です。

カウンセラーをしていると、こういうことを言われることがありますよね。

「カウンセリングではなく、まずお会いしたいです。」
「ぜひ一度、お茶をさせていただけませんか?」

こう言われたら、カウンセラーはどうすべきかを、お話しします。

pixta_11016323_S

カウンセラーは、自分そのものが商品です。

また、カウンセラーと話すこと自体が、カウンセリングとも言えます。

ですので、結論としては、カウンセリングせずに会って、お茶して、雑談して、というのは好ましくありません。

ただし、あなたはここで思わず、こう感じてしまうかもしれません。

「は?無料で話をして、あわよくば相談しようと思ってない?ズルい人だなあ!」

ちょっと待ってくださいね。

まず、この場合、2つのケースがありえます。

1:無料で話をして、あわよくば相談しようと思っているケース

いわゆる「クレクレ星人」「クレクレちゃん」ですね(笑)

この場合は、スマートにお断りする必要があります。

ランチ会などのオフ会をやって、そこにお誘いするのが良いですね^^

「ぜひお会いしたいので、来月のランチ会にいらっしゃいませんか?」

これでいらっしゃればオッケー。ランチ会で、できる範囲でお話しを聞いてあげます。

これで来られなければ、ランチ代すら払いたくないのでしょうから、そっとしておきましょう。

2:カウンセラーと話すことが有料であるという価値観がないだけのケース

この場合は、悪意は全くなく、クレクレでもありません。

ただ純粋に、カウンセラーと話すことが有料であるという価値観がないだけです。

カウンセリングは、目に見えない商品ですので、受けたことがない人は、気づけないのですね。

そして、純粋に、あなたに会いたいと思ってくれいるのです。

ラウンジ風景2

ただ、1なのか?2なのか?見極めは難しいです。

ですから、お茶しませんか?と誘われても、いきなり怒ったり、クレクレだ!とムキにならないで(笑)

まずは、お伝えしてみるのが良いですよ。

●●さん、会いたいと言ってくださり、ありがとうございます。とても嬉しいです^^

私もぜひ●●さんにお会いして、お話を伺いたいです。

ただ、申し訳ありません、1つだけ、お伝えしないといけないことがあります。

カウンセリングって、目に見えないサービスなので、わかりにくいのですが、、、

カウンセラーと話すことそのものが、カウンセリングの一部になるのですね。

いま、カウンセリングを有料で受けに来てくださっている方々も、私との会話を通じて、様々なものを得てくださっています。

辛い状況の方は、気持ちがスッキリできたり、安心感を得たり、問題を抱えていた人は、解決策を見つけたり、様々ですけどね。

そのため、ただ会うだけ、ただお茶をするだけ、ということが難しいのです。

お誘いをいただくたびに、個人的にはぜひ!と思う中、プロのカウンセラーとしては、この線引きをとても大切にしないといけません。

●●さんにお誘いいただいたことは、本当に嬉しいです。

そんな中、気軽に「はい、行きます」と言えないことは、申し訳ないなと思います。

どうか、ご理解いただけますでしょうか。

あっ、そうそう、来月ランチ会をやるので、良かったらいらっしゃいませんか?^^

(もし、お悩みがあったり、一人では苦しいことがあったら、ぜひカウンセリングをご利用いただけたら幸いです)


いかがですか?

このようにお伝えすると、一発で解決しますよ^^

1のクレクレ星人だった場合、返事が来ません(笑)

2の方だった場合、あ!そうか!と気づいてくださいます。

「気付かずに申し訳ありません。そうですよね」

こうして、素直に受け取ってくださる方も、実は少なくありません。

また、この丁寧な対応に感動して、後日、カウンセリングを受けにくる方も、結構いるのですよ。

「カウンセリングではなく、まずお会いしたいです。」
「ぜひ一度、お茶をさせていただけませんか?」

もしこう言われても、ひょいひょい、行かないこと。

かといって、ムキにならず、丁寧にスマートに対応してみてくださいね。

トラブルも起きず、サクッと対応できますよ^^

売り込まずにお客さまから選ばれる方法は、こちらでも毎日、お届けしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする