お客さまからも周りの人からも、ファンになってもらえる人を目指す。

奥 武志です。

お客さまに喜ばれて、自分のファンになってもらおう!

人柄(世界観)&気配りの融合型ファン作り

そんなメソッドを、連載でお届けしています。

前回までのおさらいです。

1話:【新連載】あなたの来年のライバルは、この人です。

2話:お客さまに選ばれる人に最速でなる方法は、何だと思いますか?

3話:2019年の顧客満足のトレンド

4話:【初公開】人柄(世界観)&気配りの融合型ファン作りメソッド

5話:ファンとアンチの決定的な違いとは?

6話:【メソッド1】人柄型(世界観型)ファン作りの全貌。

7話:安室ちゃんと結弦くんに濃いファンが多い理由

8話:【メソッド2】気配り型ファン作りの全貌。

熱い感想や質問も、じゃんじゃん届いています!

誌面の関係で、5通だけ、ご紹介しますね。

これを読むだけでも、かなりの学びになります。

気配りをしたら、お客様が悩みを話してくれた。

魂のこもったメルマガをありがとうございます!

私も、大ファンのアーティストがいますが、世界観や人間性が大好きだなと強く思います。

奥さんがおっしゃるようにファンと信者は違うので、お互いに刺激しあって、高めあっていけるような関係をお客様と築けたらな、というのが私の理想。

(中略)

そして、同じお勤め、ということで、秘書の小嶋さんの事例も再度読み返しました。

・目の前の人がどうやったら笑ってくれるだろう?と考えることを楽しむ
・目の前のお客さまが、どうやったら喜ぶかな?と考えることに誇りを持つ

という奥さんのお言葉が、心に残りました。

人柄&気配りの融合型ファン作りと聞いて、真逆のことを同時になんて難しそう、、、という感想を以前送りましたが、

頭ガッチガチに考えすぎてないで、お客様のためにと考えることを楽しむ。それを忘れないようにしよう!と思いました。

ガッチガチになってる時点でお客様じゃなくて、自分のことでいっぱいになっちゃってますよね。

(中略)

先日、トリートメントが初めて!というお客様のフェイシャルを担当させていただきました。

勝手がわからないだろうから、お客さまに分かりやすいように、答えやすいようにお声がけしよう!と心がけてみました。

仰向けになった際に

「足枕ですが、膝下か足首の下のどちらにお入れしますか?」

と聞いていたところを、一度両方の位置に入れて

「どちらがリラックスできますか?」

と聞いてみました。話を聞くことも意識をしました。

いつもよりコミュニケーションがとれて、お客様が悩みを話してくださったりして

お客様との距離が近く感じられたし楽しかったです。

(セラピストNさんより)

Nさんは、早速、気配りを意識されたのですね!

お客さまが、答えやすいように、質問をする。

素晴らしい気配りアイデアだと、思いますよ。

こんな感じで、積み重ねていってみてください。

「光と陰」の「陰」の部分にグッときます。

スゴイ感想、書けないので、返信は出来ないと思ったら、スゴイ感想いりません、て奥さんはエスパー違いますか? 笑っ

私が安室ちゃんで思うのは

光と陰

スタートしての光は当然ながら

自分の母親を親戚から●された過去
自分の子どもを手放してる事

影の部分にグッと来ます。

人の影の部分を知ると、人はそこに共感してファンになるのは納得です。

(Oさんより)

Oさん、人柄型(世界観型)ファン作りの部分に、共感くださりありがとうございます!

確かに、光と陰、両方のストーリーに、そのひとらしさが詰まっています。

陰の部分は特に、強いメッセージになりますね。

売り込みなしで、お客さまが増えた♪

奥さん、こんばんは!

1:富山のご夫妻の気配りはどんなことですか?

名古屋まで行かれる行動力にも驚かされますし、異なる業種とは言え、整体院として施術以外に、いったいどんな可能性があるのか。

塾にも応用可能かもしれないので知りたいです!

2:奥さんが尖る理由を知りたいです。

これも、差別化のひとつの形だと思うのですが、色々な選択肢がある中で、尖るをお選びになった理由が知りたいです^^

追伸、、、、

昨日、冬期講習の体験生、ご入塾が確定しました。

さらに、2月から、新たに3名のお客様がご体験に来て下さることも確定しました。

もちろん、全く売り込みなしです♪

(4話の成功事例に登場された、和田さんより)

和田さん、引き続き、ファンがどんどん増えているようで、良かったです!

富山のご夫妻の件は、このお話でしたね。

ちょっと長くなるので、尖る理由と一緒に、今度、解説します(笑)

こんなにタメになるメルマガ、開封しないのモッタイナイ

あなたの人生は、あなたのもの。

あなたがもっと、花ひらくかどうかは、あなたの行動にかかっています。第三者に巻き込まれて、あなたの未来が潰れるのは奥はイヤです。

奥さん、本当にありがとうございます。

私もそれは断固拒否します(笑)

だからこそ、奥さんからのこの言葉たちを大切に、奥さんからのエールと受け取って、自分のやるべき事、やりたいことを見失わずに邁進したいと思いました!

それにしても、こんなにタメになるメルマガ、開封しない人もいらっしゃるのですね・・・

もったいないなぁというのが、率直な感想です。

(Aさんより)

Aさん、断固拒否しますに、ウケました(笑)

自分が目指したい未来に、目を向けてくださいね。

本当に、こんなにタメになるメルマガ、読まないなんて

意味がわかりません(笑)

「人は感じなければ動かない」の意味がわかった。

今は正社員の事務職をしていますが、以前営業、飲食店でも働いていました。

その頃に、BGSを知っていれば、もっとその時のお仕事を楽しめたのかもと思ってしまいました。

前に『人は感じなければ動かない』ということを聞いた事があります。

その時は意味がわからなかったけど、メルマガを読んで、そういう事なんだと思いました。

(Sさんより)

Sさん、ありがとうございます。

そうですね。人が生きている時には、

・思考(頭で理屈で考える。)
・感情(心で感覚で感じる。)

この2つを無意識に動かしていますが、

大好き!という気持ちは、感情です。

誰かのファンになるとは、こちらを指します。

ファンになりなさい!と理屈で考えさせても、ムリです(笑)

いかに、お客さまに心で感じてもらうか。

これがファンになってもらう、最短ルートです。

ただ、最後に1つ、誤解を解いておきます。

「その頃にBGSを知っていれば、もっとその時のお仕事を楽しめたのかも。」

とのことですが、、、

事務の仕事でも、バックグラウンドストーリーの力は使えますよ。

職場では、人と関わることが必ずあるはずです。

上司、先輩、部下、後輩、同僚、取引先など。

そういう人たちに、応援される人になれば?お仕事は、断然やりやすくなります。

やっぱり、Sさんがいないとダメだね!と思ってもらえますよ。

1話にも書いた通り。

お客さまからも、周りの人からも、ファンになってもらえる人を目指そう!

これが、今回の連載で、一番言いたいことです。

じゃあ、何ができるか?考えてみてください。

ということで、ご感想をお待ちしています。

ご感想は、以下のアドレスで、奥まで届きます。

takeshi.oku@sekkyakumentality.com

あなたからの感想や質問を、お待ちしています。

「スゴイ感想」は、いりません。

短くても良いので、あなたが感じたままで書いてみてください。

ところで、占い師をされている方から、アンチや批判についてメールをいただきました。

ファンとアンチは、紙一重と言いましたが、それがよくわかる好例です。

こちらもしっかり、学んでおいてくださいね。

10話:アンチから批判を受けたらどうすべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする