相手に言いにくいことを伝える場合、どう言葉を選べば良いのか?

● 相手に言いにくいことを伝える場合、どう言葉を選べば良いのか?

こんにちは。奥 武志です。

2018年の新春特別企画で、メルマガの読者さんから、ご質問を募りました。

その回答を、音声セミナーにしてお答えします。お時間のある時に聞いてみてくださいね。

パソコン、スマホ、iPadなどで再生できますが、端末によって相性があります。

3つの再生方法が選べます。

(3つどれも再生できない場合は、申し訳ありません。また、ガラケーでも再生できません)

今回のご質問は、弊社の小嶋からもらった質問です。

2:言いにくいことを、伝える方法

これは、傷口は浅く、でも心には深く残る、奥さんの言葉の選び方で感心したことがきっかけです。

相手にとって、耳の痛いことを言わなければならないとき、気をつけていることを、聞きたいです。

誰にでも、上司や部下、同僚に、言わなければならない場面が絶対あるので、聞きたい人も多いとおもいます。

相手に言いにくいことを伝える場合、どう言葉を選べば良いのか?

相手に言いにくいことを伝える方法は、いかがでしたか?

効果的なアドバイスの仕方も、合わせて聞くと、さらに効果的ですよ。

効果的なアドバイスの仕方は、この15個目にあります。

誰かに何か、アドバイスや指摘をするとき、たとえそれが正論でも、言い方1つで感じ方が、変わりますよね。

あなたもぜひ、試してみてください^^

奥のような先生業、コンサル業をやりたい方は、ここでアドバイスの極意が学べます。

お客さまや周りの人へのアドバイスなら、通常のメルマガで、十分に学べますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする