一流の接客と、二流の接客のいちばんの違いとは?

● 一流の接客と、二流の接客のいちばんの違いとは?

こんにちは。奥 武志です。

セミナーやコンサルで、よくこういう声をいただきます。

「一流の接客を教わりたくて申し込みました!ぜひ教えてください! 」

では、一流と二流の違いとは、なんでしょうか?

ドンペリサーブ

たくさんありますが、特にこの2つは、大きいかなと思います。

1:リクエストをいただく前に、察して先回りして提供する。

これはよく言いますね。言葉の通りです。

言われたことをやるのは、当たり前。

一流の人は、言われていないけど、必要そうなことを考えて、先回りして提供します。

2:イレギュラーなリクエストをお客さまからいただいても、可能な限り、承りまくる。

「わがままなお客さんだなー」

などといわず、どうやったら叶えられるか?と考える。

そして、そう考えることに、一流の人は、誇り、プライドを持っています。

以上、この2つですね^^

それ以外のテクニックは、全部おまけです。

一流の世界では、これだけを死ぬほどやってます。

ちなみに、なんでもかんでも言うことを聞くという意味ではありません。

できないもんはできない(笑)

ただ、できない中で、何をできるか?を考え抜きます。

一流と二流って、テクニックには、それほど差はありません。

「どうやったら叶えられるか?と考えることにプライドを持つ。」

圧倒的な差は、このマインドです^^

あとは、お客さまの心をつかむ方法も、一緒に身につけたら最高ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする