サロン開業時のメニュー価格の決め方と、値上げのカンタンなやり方とは?

サロン開業時のメニュー価格の決め方と、値上げのカンタンなやり方とは?

奥 武志です。

個人サロンを開業する場合、価格は自分で決める必要があります。

ですが、まだ自信がない初期の段階では、どうしても安くしてしまいがち。

「安い価格ではダメと言われますが、周りにあわせて安くしてしまいました・・・」
「値上げをした方が良いよと言われたけど、自信がなくてできないんです・・・」
「ご料金をあげると、お客さまが減ってしまうんじゃないか?って不安なんです。」

こういう声を、本当によく聞きます。

でも、自信がない開業初期段階でも、きちんとした価格をつける方法がありますよ。

考え方を3つ、ご紹介しますね^^

ファン作り講座

現実問題として、いくら必要か?を把握する

値段をあげられない、安くしてしまう方の多くは、値段そのものに、目が行き過ぎています。

でも、いくらもらうか?というのは、雇用される場合、時給はいくら?月給はいくら?と同じです。

「自分に自信がないので、安月給のところに行きたい!」

お勤めするときに、こんな風に言う人、いませんよね?(笑)

つまり、お仕事であるという意識が、低すぎるのです。

逆に言えば、お仕事としていくらいただく必要があるか?を考えれば良いのですね。

例えば、自宅サロンを開業した場合。

ご主人の収入があるのか?シングルマザーなのか?子供もいないのか?

状況によって、大きく違いますよね。

マンションのサロンで、手取り25万円は必要な方の事例

では、具体的に事例をあげてみます。

仮に、家賃や光熱費など、固定費を含めて、経費が15万かかるとします。

(数字はあくまでも、わかりやすくするためのざっくりとした数値です)

経費15万円+手取25万円+税金分貯蓄5万+自己投資や設備投資5万=50万

この場合ならば、月商50万円が必要ですよね?

・平均5000円の施術なら、のべ100人が必要
・平均10000円の施術なら、のべ50人が必要

実際は、物販があったり、商品構成にもよりますが、複雑になるのでこうします。

月の稼働日を20日間としたら?

・平均5000円、のべ100人なら、1日5人
・平均10000円、のべ50人なら、1日2.5人

こう考えていくと、5000円の施術では、あまりにもハードルが高いと感じませんか?

毎日5人です。集客も大変ですし、集客できても、かなり疲れます。

こうして、現実問題、いくら必要なのか?を計算すると、

値上げできない!高い価格をつけられない!とか言っている場合ではなくなります(笑)

値上げをするという発想自体をやめる

では、値段を上げた方が良いとわかった後に、すぐ上げられるか?というと。

やっぱり不安がまだあると思います。

次に考えるのは、値上げをする!という考え自体を、やめることです。

以前に、セミナーで解説した、カウンセラーのカウンセリング料金を例にしてみますね。

以下の図をご覧ください。

スクリーンショット 2017-06-18 13.56.10

これは、お値段の段階と、お客さま層のピラミッドです。

(上下関係ではありません。上に行くほど、お客さまの候補数が減っている図です)

例えば、あなたが、5000円の施術をしている場合。

まず、値上げすることからやろう!としてはいけません。

5千円なら受けるよ!というお客さま層から、8千円なら受けるよ!というお客さま層に、対象者を変えると考えてください。

つまり、値上げではなく、お客さま層を変えるのです。

個人サロンは安くしてはダメ!その2つの理由

ここで、興味深い話が、2つあります。

1つ目は、1万円の施術を、受けても良いと感じている人は、5千円の施術は、怖くて申し込めないという事実。

なぜなら、安いということは、クオリティが低いのかな?と思ってしまうからです。

あるいは、安い施術の後に、高額なコースでも売られるのかな?と思ってしまったり(苦笑)

安ければ良い、安くした方がうまくいく、と思っているのは、幻想です。

2つ目は、安くないと受けない!という方の場合、困ったお客さまが多くなる傾向があると言う事実。

なぜかというと、お得さだけで集まっているので、クレクレな方が多いからです。

また、安ければ安いほど、気軽に予約ができますよね。

ですので、キャンセルもしやすくなり、キャンセル率も高くなります。

さらに言うと、安いから施術を受けにきた場合、意識もそれなりです。

例えば、エステだとしたら、安ければ安いほど、痩せたい!キレイになりたい!の願望が弱い方が来ます。

あなたがいくら心を込めて施術したり、アドバイスしても、食事は変えない、運動しない、たまにしか来ない、などなど。

やる気のないお客さまばかりになり、あなたはどんどん疲弊します。

これでは、力になりたいお客さまの力になれず、悲しくありませんか?

その意味でも、ある程度、きちんとした価格にして、本気で変わりたいお客さまの力に、なった方が良いですよ。

せっかく資格を取ったり、施術の練習をしたり、勉強を続けているのですから。

ちなみに、整体院の彼女も、値上げをして、本気で改善したいお客さまが、どんどん増えています。

でも、層を変えると客数が減るよね?それが不安!

はい、わかっています(笑)

売上的なことを考えたら、お客さま数が減っても、単価があがっているので、問題なし。

しかも、時間は逆に増えますから、お客さまが喜んでくださる準備を、色々できます♪

ウェルカムカードを書いたり、ウェルカムボードを用意したり、お手紙を書いたり、お好みのBGMを用意したり、たくさんできますよ。

未来のお客さま候補が少なくなる、とは言っても、必要なお客さま数も減りますから、問題ないのですね。

一気に値上げしなくても良いですから、1つずつ、お客さま層を変えていきましょう。

ちなみに、だからと言って、高額なサービスばかりに頼ると、売上が上下しすぎます。

比較的、おさえめなサービス商品も用意しつつ、バランスは大切にしましょう。

あなたは飲食店を経営していると考えてみよう!

お値段を安くしすぎないことが大事。値上げではなく層を変えると考える。

ここまでやってきたら、最後の考え方です。

結論から言えば、普通に、飲食店を経営していると考えてみてください。

Seafood Serving Creative Cuisine Mediterranean Gourmet Delicatessen Food Restaurant Concept

自宅サロンなどを手軽に、開業できる時代になりました。

そのためか?お店を経営するぞ!という感覚が、ごっそり抜けている方を、多く見かけます。

自宅サロンも、飲食店を経営しているのと同じですよ。店舗経営です。

扱っているサービス、商品が違うだけです。

例えば、あなたの友達が、レストランを経営していて、こう呟いたらどう思いますか?

「お料理なんて家でも作れるのに、わざわざうちに来てくれて食べてくれて。なんかお代をいただくのは申し訳ないなあ。料理に自信もないし、ランチ200円にしようかな・・・」

ちょっと!なに言ってるの?どうしたの?大丈夫?って思いますよね?(笑)

値段を上げられない、安くしてしまう、料金に自信がない。

これらは全て、この大丈夫?なレストランと同じことを言っています。

ちなみに、世の中には、飲食店でも、様々なタイプがありますよね。

・安い食材を大量仕入れして、調理場のスタッフがシフトで入れ替わって作るファミレス
・高い食材を市場でこだわって仕入れて、プロの専属シェフが作るこだわりのレストラン

極端な例ですが、価格を安くするのは、前者です。

良い悪いではないですよ。どちらも世の中の役に立っていますから。

ただ、あなたは、大量仕入れできますか?お客さまを数百人、受けられますか?

あなたのお仕事は、スタッフがたくさんいますか?

あなたは、あなたなりのこだわりや思いは、ありますよね?

お値段を上げることは、むしろ必要だと思えて来ないでしょうか?

最後に、言いたいこと。

決して、みんながみんな、値上げをしよう!と言いたいのではありません。

例えば、別に収入源があり、今の仕事では、収入はあまりなくて良い。

そういうことなら、やりがいや貢献感だけで、楽しんでいけば良いでしょう。

ただ、お仕事として、収入をしっかりいただきながら、プロとしてやるなら、別です。

安売りして、疲弊して困窮して、そんな状態でお客さまをお迎えするのも、失礼ですしね^^

本気のお客さまに喜んでいただき、良いサービスを提供して、あなたの売上もしっかり上がる。これが理想の状態です。

あなたも、お客さまも、どちらも笑顔で幸せになれるお仕事を、目指していきましょう!

サロン教室・カウンセラーで自分史上最高の売上を最速で達成する12ステップ
お名前(苗字)  *
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする