複業セミナー講師になるための「Q&A」

奥 武志です。

先日、こちらで、最強で最高の「複業ビジネス」を公開しました。

サロンオーナー、教室の先生など、起業開業している方は、2つ目の柱として。

会社勤めの方は、2つ目の収入として。

セミナー&講座ビジネスが、おそらく最強の複業ビジネスです。

オンラインでできて、初期投資が少なく、利益率が高く、やりがいもあります。

自由度が高く、オリジナリティがあって、撮影すれば、DVDや動画で物販も可能。

夢の不労所得です!(甘美な響きです、笑)

その上、自分だけが稼ぐのではなく。

お客さまや、周りにも、良い影響を与えて、三方よしも実現できますよ♪

ただし、どういうネタでセミナーを、作れば良いのか?だけが難しい!!

自分の強みが、わからない(涙)という部分は

奥がプロデュースします。

2021年は、大手から中小企業にかけて、倒産やリストラ、減給が増えます。

会社勤めの方は、お給料収入だけでは、リスクが高すぎます。

また、起業の世界も、今までとは違う流れが来ています。

2021年は、ライバルが増えて、のんびりとやっていたら、あっという間に埋もれます。

売上の柱が、1つしかないビジネスは、リスクが大きくなっていきます。

施術&物販しか、売上がないサロンや治療院
レッスン&物販しか、売上がないお教室
カウンセリング&物販しか、売上がないカウンセラー
コーチングしか、売上がないコーチ

これは、ハイリスクです。

2つめの収入の柱を、真剣に考えるタイミングだと思いますよ。

だから、このビジネスを「複業」として、奥は強くオススメしたいです。

早速、たくさんのメールをいただきました。

ご質問に、どんどんお答えしていこうと思います。

たいした知識も経歴もないと、講師はできない?

ここで、最初にあなたの脳裏に、浮かんだ想いは、これではないでしょうか?

「講師になれたらスゴイけど、私にはたいした知識も、経歴もないしな・・・」

「セミナーや講座が、複業にオススメなのはわかった!でも、自信ないな・・・」

「興味ある!けど、私ができることなんて、他にできる人いっぱいるしな・・・」

そう思っている方は、こちらを読んでみてくださいね。

複業の正体を知った時は、興味はあるけど

自分には人に教えられるものなんかない・・・1番にそう思いました。

そこから考えました。

漠然とコレかなアレかな・・・と思い描くものはありましたが

大した経歴もなく、資格もない私が、人に張り切って伝えられるものなのか…

でも、人生変えたい。やってみたい。

(Nさんより)

>自分には人に教えられるものなんかない
>大した経歴もなく、資格もない私が人に張り切って伝えられるものなのか

えっと、奥も資格は持っていません(笑)

何回も言っていますが、自分ではわからないんですよ。なぜなら

強み=自然とできてしまうこと

だからです。

経験だって、同じですよ。

自分としては、たいしたことない!と思っても

他人から見たら、それスゴイよ!と感じるコト

そういうものが、あったりするのです。

今はまだ、何もない!と決めつけずに、こういうのを、書き出してみると良いです。

・他人から、なぜかよく頼まれること
・他人から、なぜかよく褒められること
・なぜか昔から、人並みにできること
・自分の人生で、誇れる成果ベスト3
・自分としては、苦手だと思うこと

特に、最後のは、面白いですよ^^

例えば、奥はクチベタなのが短所でしたが・・・

うまく話せない!の逆は、人の話を、人一倍、聞いている!というコトですよね?

だから、カウンセラーで起業したら、ちゃんと喜ばれて、売上もあがったのです。

カウンセラーの資格はなくても、基礎をしっかり勉強したら、あとは強みを使っただけ。

強みを自分で自覚して、使いこなしたら、武器になりましたね。

また、そんな苦手だったコトを、自己開示したことで、共感するファンもできました。

苦手と強みって、表裏一体なのです。

まずは、書き出してみてくださいね^^

セミナー講師が、できるできない以前にまずそこからですよ。

奥さんこんばんは^^予言が的中しました。

もうずいぶん前のことですけど… コッソリ読み続けていました。


まだ発展途上でも、過去の経験から
強みを発掘し、それを教えてあげる!

私の場合はこちら寄りかな、と思いながら読みました。

その前に今始めたプチ起業をブラッシュアップしていくのが先ですかね(汗)

やることは多くて大変そうですが、もしかしたらチャンスも多いのかな?と。

まだ自分の強みを自覚しきれていない。

→講師になる前、知識や経験を体系化する前なら、教わる側のお客さま目線にも立ちやすい?とか。

「文章力がある」
「さすがのアウトプット力!」

と褒めていただけることが多いので、そのあたりを磨いて、ニーズ調査をして

自分がやってきたことの棚卸しをしていけば、何か見つかるのでしょうか?

(中略)

文章苦手!って言ってても、私より伝わりやすい筋の通った文章を書いてる人たくさん
見るよ?

私が教えられる程度のことなら、別にみんな自力でできるんじゃない?
書けるよね?わざわざ習いたい?

私がって言わなくても、すでに教えてる人。売れっ子の素敵な先生、知ってるし。

ナイナイ、デキナイ、って言ってないで、そろそろ動き出します。

(Tさんより)

Tさんには、文章の才能があります。

それを以前に、ご本人にお伝えしたことがあるんですよね^^

しかも、独特な表現で、物事を多角的に、切り取ることができる強みです。

ご本人は、そう思っていないそうですが。

なので、まずは、その強みを活かして

・基本的な文字起こしのライティング
・レポート記事などの独自の文章を書く

これを、たくさんやってみましょう!

強み=自然とできてしまうこと

だから、色々とカタチにして、自分の中で体系化する必要があります。

そうしないと、人に語れないのです。

強みの弱みですね(笑)

例えば、セミナーやオフ会に参加して、そのレポ記事を、勝手に書いてみる。

で、主催者に送ったり、自分のブログやフェイスブックで、シェアしたり。
(フェイスブックならタグづけする)

主催者が、いつか感動してくれます!

そうなったら、日頃、書いている文章を体系化すると、セミナーができます♪

セミナー講師が、できるできない以前に、まずそこから、やってみると良いです。

>知識や経験を体系化する前なら
>教わる側のお客さま目線にも立ちやすい?

その通りです^^

超ハイキャリアの人には、できない人の気持ちがわかりません。

普通の人なら、できない人に共感できる!だから、それも武器になるんですね。

>私より伝わりやすい筋の通った文章を書いてる人たくさん見る
>私が教えられる程度のことなら、別にみんな自力でできるんじゃない?

ハッキリ言って、今の世の中、絶対のオリジナルの人は、存在しません。

自分より、スゴイ人もたくさんいれば、自分より、わかっていない人もいます。

だから、自分よりスゴイ人に教えるのではなく、自分よりできない人に教えれば良いのです。

ナイナイ、デキナイ、って言ってないで、はよ動きなさい(笑)

今まで読んでいて感じたことは、ワクワクしながらもほんの少しだけ、その分野かなとは思っていました。

でも自分には出来そうにないと思い、考えたく無い気持ちから払拭していましたが、これからは考える必要のある分野ですね。

お聞きしたい事としては、会社員である夫が取り組む事もできますか。

例えば、夫婦がそれぞれか、もしくは一緒に出来る事なのでしょうか。

何か得意分野や、特別な知識を持っていないと講師なんてできないのではと。

そう感じています。

(Yさん)

「私には、できそうにないかも。」

そう思う人は、たくさんいると思います。

でも実は、その多くが、勘違いです。

奥はこれまで、何人もの講師を養成して来ましたが、ほとんどの方が、最初は自信ゼロから、勉強をスタートしています。

「やってみたいな。でもできるかな・・・」

みんなここが、スタートなんですね。

チャレンジしない人は、一生変わらない。

チャレンジする人は、変わっていける。

ただそれだけのこと、なんです。

「得意分野や、特別な知識を持っていないと講師なんてできないのでは」

あなたの経験や知識が、他人から見て価値があるかどうか?

これは、ほぼ全員がわかっていません。

おそらくあなたの良さは、あなたが一番わかっていません。一番わかるのは、奥のようなプロです。

もう、数百人もの方の、強みを発掘して来ていますからね。

得意分野や、特別な知識があるかどうか?自分で考えても、無意味ですよ。

まずは、プロである私から、ぜひあなたも複業セミナー講師になれるか?分析させていただきたいですね。

「会社員である夫が取り組む事もできますか」

ご主人がどんな方か?わからないので、なんとも言えません。性格も経験も、何もわからないので。

ただ、奥も元々は、会社員です。サラリーマン歴15年です。

奥がプロデュースした方にも、会社員の方はたくさんいます。

今がどういう仕事なのか?は、ほぼ関係ありません。

「夫婦が一緒に出来る事なのでしょうか」

これも同じ答えです(笑)

セミナーや講座の講師を、夫婦でやっている人は、存在します。

教室の先生と講師、レッスンとセミナーの違いは?

いつも有益なメルマガ、ありがとうございます。

一番の複業は、講師業、なるほどなぁと思ったと同時に、疑問が出てきました。

お教室をしていると、肩書としては講師になると思っています。

(いや、講師ではなく、先生になるのか?と頭が少し混乱し始める・・)

ただ、今回の奥さんのいう、「講師」はもう一つ、レベルが違うんだろうなぁと思いました。

レッスンと講座、セミナー、実践を伴うものか座学かの違いが大きいと思いますが、実践をする講座もありますよね。

となると、どこからどこまでがレッスンで、何をすると講座になって、何が違って、お教室の先生は、いったいどこからが奥さんのいう「講師」になるのか。

Google先生に聞いても、きっと、奥さんのいうそれとはまた違う気がして、頭がグルグル。

講師業、すごく興味があるし、私にできるなら、挑戦したい!とは、思います。

自分の強みもまだ、わかっていないですが、私でも、なれるならなりたい!

一般的な講師業ではなくあくまでも

「奥さんのメソッドを継承する講師」

というお話ということでしょうか?

(フード系教室のAさんより)

Aさん、良い質問をありがとうございます!

奥がオススメする、セミナーや講座は、レッスンとは少し違いますね。

・技術や知識などを、教える場のこと

(一部、実践部分が入っても良いですよ)

レッスンの場合は、その場で何かを作る、創る、クリエイトすることが、メインです。

セミナーや講座は、どちらかというと、それにまつわる知識を、学ぶ場ですね。

・ハイレベルな技術や知識ではなく、ベーシックなものを想定

(つまり受講生は、初心者向け)

「今回の奥さんのいう講師はもう一つレベルが違うんだろうなぁ」

初心者向けのセミナーを、想定しています。ハイレベルでは、できる人が限られます。

「一般的な講師業ではなく、奥さんのメソッドを継承する講師というお話ということでの講師業なのでしょうか?」

いえ、一般的な、講師業です。

今回、考えているのは、あまりハイレベルではありません。

ただし、セミナーや講座は、作り方に気をつけないと、受講生を幸せにできません。

どうやって作ったら、お客様もあなたも、周りにいる人も、三方よしで幸せになるのか?

その哲学を伝授するので、そういう意味でのメソッドの継承です。

セミナーや講座の作り方!お教室の先生の例

では、売れているかどうかは、どう判断すれば良いのでしょうか?

個別に事情は、変わってきますが、、、

1つの基準として、こういう考えを持っています。

お教室の先生を例に、具体的な例を上げますね。

1)客単価 × 500倍の年商がある場合

例えば、客単価7000円ほどの教室ならば、年商360万円ですね。

この場合は、教室業として最低限度のカタチになっていますので、、、

「理想の生徒様が集まる!フード系教室開業のための、基礎セミナー」

開業の初心者に、こういうセミナーを届けられます。

ただ、あくまでも、基礎だけです。

お教室経営のコンサルタントになるなら、最低でも、年商800万円は、欲しいです!!

2)1ほどは、まだ売れてない場合

この場合も、諦める必要はありません。

教室業として、発展途上中でも、自分では気づいていない強みや、才能があったりします。

それを、奥が発掘します。

例えば、この先生が、接客業が長くて、コミュニケーションが得意なら?

「生徒様との会話が、すごく盛り上がる!先生のためのコミュニケーション術講座」

例えば、この先生が、会社でトレーナー経験をずっと培ってきたなら?

「生徒様がメキメキ上達して、満足度が飛躍的に上がる!●●直伝のコーチングテクニック基礎セミナー」

教室業初心者に、こういうセミナーを届けられます。

つまり、カンタンに言えば

事業がある程度、成功しているのなら
そのやり方を、教えてあげれば良い!

まだ発展途上でも、過去の経験から
強みを発掘し、それを教えてあげる!

ということです^^

ポイントは、後者の場合、自分自身では、自分の強みが、わからないこと。

プロである奥が、そこを発掘します♪

セミナーや講座の作り方!サロンオーナーの例

では、サロンオーナーさんの場合は、どうでしょう?

エステサロンのオーナーさんを例に、具体的な例を上げますね。

まず、メルマガ読者さんから、いただいたメールです。

奥さん、こんにちは♪

いつも色んな気付きのあるメルマガありがとうございます。

セミナー、やってみたい気持ちがあります。

奥さんのおっしゃるとおり「自分で自分の強みがわからない」のは、あります。

だからこそ1人では、何が喜ばれるのか?わからない。

そういった「自分の強み」を、プロの方に、発掘していただけるのは、すごく魅力的だと感じます。

18歳からエステティシャンになり、 24歳からサロンオーナーになり早10年…

その間、2人の子供を産み、産休を経て、今は子育てしながらサロンをしています^ ^

集客や売上などに悩んだことは、モチロンありますが今年に入り、平均月商が80万円くらいになり

お客様の数は多くないですが、大好きなお客様で予約が埋まるので、ありがたいなと思っています。

以前より、「自分が望むサロン経営に近づいてきた」とは感じているのですが

安定しているか?と言われると、まだまだだし、不安になることもたくさんあります。

でも、安定?なんてないのかなと思いますし、奥さんのメールを読んで、

等身大の自分で、やれることがあるんじゃないか。と、思えました。

まとめると、悩みは

・強みが自分じゃわからない

・サロン経営がどうなったら成功で人に教えられるぐらいになれるのか

・人見知りで、人前で話すのが緊張するタイプだけどそれでもできるのか

です。

これからの配信も楽しみにしています。

(Yさんより)

Yさん、良い質問をありがとうございます!

>18歳からエステティシャンになり、24歳からサロンオーナーになり早10年
>その間、2人の子供を産み、産休を経て、今は子育てしながらサロンをしています

ここから、セミナーネタは、たくさん見えますね^^

具体的に、考えてみましょうか。

>集客や売上などに悩んだことは、モチロンありますが
>今年に入り、平均月商が80万円くらいに
>お客様の数は多くないですが、大好きなお客様で予約が埋まるので、ありがたい
>人見知りで、人前で話すのが緊張する

実績も、十分に揃っていますね。

ターゲットやコンセプトも、決められそう。

Yさんは、数を追わず、濃いファンを作る知識を持っているかも?しれません。(ここ強みに変えられます!)

「ガンガン100万円目指すぞー!!」

という人に、セミナーをやるのではなく。

「お客さま1人1人や、家族との時間を大切にしながら、ムリなくサロン経営を、成長させていきたい♪」

そういう方の、お役に立てそうですね。

また、人見知りで、控えめな個人サロンオーナーさんを、対象にすれば完璧です。(ここも強みにできます!)

セミナー自体は、緊張しいでも大丈夫。

こう見えて、奥もそうです(笑)

>サロン経営がどうなったら成功で、人に教えられるぐらいになれるのか

この公式を、上に書きましたね。

1)客単価 × 500倍の年商がある場合

例えば、客単価12000円ほどのサロンならば、年商750万円。

この場合は、サロンとして最低限度のカタチになっています。

「理想のお客様が集まる!個人サロン開業のための、基礎セミナー」

開業の初心者に、こういうセミナーを届けられます。

ただ、あくまでも、教えられるのは、基礎だけです。

サロン経営コンサルになるなら、最低でも、年商2000万円は、欲しいです!!

でも、経営コンサルになるのではなく

・少し人見知りで、子育て中のママさん
・売上1桁から20万で停滞している方
・数を追うより、顧客満足を重視したい方

こういう方向けに、、、

どうしたら大好きなお客様で、満員御礼になるのか?どうやったら、家族との時間を大切にしながら、月80万円にできるのか?

そこをメソッド化できたら、多くの方の役に立てますね^^

あるいは、お客様との関係性をグッ!と近づける、カウンセリング術とか。

他のパターンでも、できそうです。

あくまでも一例なので、他にもまだ色々と、ネタは見つかるかもしれません^^

Yさんはおそらく、セミナーネタの宝庫だと思います。

>不安になることもたくさんあります
>でも、安定?なんてないのかな
>等身大の自分で、やれることがあるんじゃ

おっしゃる通りです。

たった一度きりの人生。楽しまなければ意味がない!

安定は、もちろん大事だけど

安定安定ばかりじゃ、退屈な人生ですよ。

等身大のあなたでも、やれることで
人に喜ばれて、稼げるようになろう!

「私、自分の強みがわからない(涙)」

なんて人でも、奥からすれば、みんな強みの宝庫なんですよねー^^

実績がないテーマで起業するのはアリか?ナシか?

では、経験がまだ、多くはない場合は、どう考えたら良いのでしょうか。

こちらのメールを、引用しますね。

カウンセラーとしてセミナーを開催したことがありますが、準備不足が否めませんでした。

宿曜占星術になれると、勾玉セラピストになれるセミナー講師を開催したいため、勉強を受けたいです。よろしくお願いします。

(寺田さん)

セミナー経験があるのですね!

奥のセミナー集客、セミナー構築のノウハウなら、失敗確率は低いです。

寺田さんのお役に、立つと思いますよ。

ただし、宿曜占星術師?勾玉セラピスト?になれるセミナーをやるには、、、

寺田さん自身が、宿曜占星術師?勾玉セラピスト?で、売れしている必要があります。

なぜなら。

●●セラピストになれる=●●セラピストとして食べていける!

受講生側からすると、こう見えます。

でも、教える側が、成功していないなら、優良誤認になります。

自分ができないことを、できるというのは、不誠実です。

ただ、技術なら教えられるのなら、技術の講座ならできます。

◯ ●●セラピーの技術をマスターできる!ナントカ講座

× ●●セラピストになれる!ナントカ講座

こんな感じです。

もちろん、寺田さんが、そのセラピーで、売れているなら、問題ないですよ^^

合わせて、こちらの記事も、読んでおいてください。

実績がないテーマで起業するのはアリか?ナシか?

実績がないテーマで起業するのは、基本的には、ナシですが、、、

勉強しまくって、足りない経験を、補うだけの知識があるなら、オッケーです。

まあ、基本的には、経験や強みを活かした、セミナーの方が良いですけどね。

絶対にやってはいけない、セミナー&講座

ちなみに、世の中には、詐欺スレスレのやり方を教える、起業塾もあります。

例えば、こういうことを言う、コンサルタントが存在します↓↓↓

Aさんは、教室開業を教えれば良いよ!

ニーズがあるから売れるよ!

えっ?まだ私は開業に全然、成功してない?

自分ができるかどうかと、他人を成功させられるかどうかは、別です^^

ほら!トラブルを抱える弁護士も不健康な医者もいるでしょ?

ニーズがあるんだから、やってみよう!

トンチンカンすぎて、言葉も出ません。

弁護士は、死ぬほど勉強しまくって、数千万円かけて、何年もかけて。

医者も、死ぬほど勉強しまくって、数千万円かけて、何年もかけて。

やっと、その道のプロになっています。

ハッキリ言います!

こういう専門家と比較するのは

トンチンカンで、ナンセンス。

自分の起業塾に申し込ませたい

から、ただ言っているだけ。

奥は、こういう安易なアドバイスはしません。

こんなの、三方良しにならないから!!

「自分ができるかどうかと、他人を成功させられるかどうかは別。」

確かに、これはその通りです。

でも、それならそれで、かなりの勉強を先にすべきです。

まとめると、こんな感じです。

◎ 実績がある → 基礎を勉強したらすぐ実践
◯ 実績がない → しっかり勉強してから実践
× 実績がない → ちょっと勉強してすぐ実践

トンチンカンな起業塾は、×をやらせます。

とにかく売れれば良い、と思っているから。ニーズがあれば良い、と思っているから。

これは、かなりヤバイ起業です。

目先の売上しか、見ていません。

奥が提案するのは、◎か◯です。

セミナーや講座の複業をオススメする理由

奥は、本当に、遠回りしました。

でも、複業をやったおかげで、収入が本当に楽になりました。

・サラリーマンで年収500万
・複業で年収300万

こうなれてから、安心して、独立しました。

別に、独立しなくても、年収800万。

会社が倒産しても、年収300万あれば、ギリギリ食べて行けます。

複業をしていなかったら、借金はもう手が付けられない額に、なっていたと思います。

売れない副業時代も、経験しましたが、独立初年度は、年商450万円くらいになり。

翌年には、セミナーを強化して、年商750万円になりました。

リピート接客術のコンサルも始めて、売上の柱を2つ、3つと増やしてきました。

セミナーをさらに強化して、最高月商は100万円を超えて。

4年目で、最高月商が300万円を超えました。

その後も、単発セミナー、物販、連続の講座など、様々な展開をして。

最高月商は、400万円、500万円と、伸び続けてきました。

現在は、様々なサービスを展開して、ジョイント事業も行っています。

売上の柱を、増やしていなかったら、今頃は、コロナでやられていたかもしれません。

だから、お勤めの方にも、起業開業している方にも、セミナービジネスを、オススメしたいんですね。

初期投資がかからず、地域も関係なくできるお仕事だから。

だからこそ、奥が経験してきた全てを、伝えたいと思ったのです^^

まだ、自分の可能性を、諦めないでください。

それでは、いよいよ、具体的なセミナー起業の事例を、いくつかご紹介していきますね!

まず、1つ目の事例は、こちらです。

複業セミナー起業の事例①(エステサロンオーナーさん)

【無料セミナー】サロン・教室・カウンセラーで自己最高売上をカンタンに達成する12ステップ

一流ホテル直伝の顧客心理術、ファン作りメソッドをお届けします。

たった1日7分、読むだけで、自己最高売上やリピート率が、楽しく達成できます。

しかも、お客さまが自然と、濃いファンに変わっていきます。

その秘密を、まずは無料で、12日間、学んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする