お教室で先生の話をさえぎってウンチクを語る!困った生徒さんの対応法(笑)

● お教室で先生の話をさえぎってウンチクを語る!困った生徒さんの対応法(笑)

こんにちは。奥 武志です。

お教室では、みんなでワイワイ楽しく!レッスンが盛り上がると、楽しいですよね。

でも、お越しになる生徒さんには、色々な方がいます。

素直にウンウンと、先生の話を聞いてくれる生徒さんばかりではありませんよね。

例えば、レッスンを進めたいのに、おしゃべりばかりして、他の生徒さんの集中力をそいでしまう。

あるいは、先生を差し置いて、「これって、こうやるんですよね」と、知っているウンチクを語る生徒さんもいます(笑)

他の生徒さんたちは、困ってしまいますよね。

まして、その生徒さんの知識自慢の内容が、微妙に間違っているときはもう、どうして良いのやらです^^;

pixta_27053147_S

こういうケースで、よくある2つの間違った対応があります。

・「先生として毅然とした態度が大切!」と思いすぎて、場を壊すパターン

「あ、そのやり方は、違いますよ。」
「今から私が説明しますので、、、」

こんな風に否定すると、その場の空気が悪くなります。

・「お客さまを大切に!」と思いすぎて、遠慮しすぎで、状況が良くならないパターン

「あっ、そうなんですねー、、、(うーん、どうしよう?)」
「そろそろ、次の工程に、、、(あまり強く言えないなあ)」

こんな風に、遠慮しすぎると、いつまでも、レッスンが進みません。

どちらにしても、他の生徒さんがレッスンに集中できず、満足できないまま、帰ることになってしまいます。

では、そういう生徒さんには、先生として、どう対応すれば良いのでしょうか?

やり方は、とってもカンタン!

3つのステップで対応するだけで、レッスンを進行できますよ。

1:困った生徒さんが発言したことを、受け止める
2:その発言したことについて、ちょっと質問を投げる
3:その発言内容を否定せず、さりげなく自分のノウハウを出す
(あなたのやり方がダメ!ではなく、より良い方法が!と言う)

これだけです。

お料理教室で、豚の冷しゃぶを作ろう!のケースで、例をあげてみます(笑)

あなたが先生で、困った生徒さんがAさんです。

あなた「じゃあ、次は、豚肉を、、、」

Aさん「お湯に通して氷水につければ良いんですよね♪簡単カンタン!」

他の生徒「うんうん、これはさすがにできるー^^」

(うわ!そんなことしたら脂固まるし、うまみも逃げるし、食感も悪くなるよ!よし、あの言い方で、、、)

あなた「お!Aさん、おうちでお料理やってますね。」

Aさん「はーい!豚しゃぶはカンタンなので(笑)」

あなた「Aさん、えらーい!ちなみに、さらに良い裏技があるんです♪」

みんな「えっ!?」

あなた「実は、お湯からあげたら常温までさましてから、冷蔵庫で冷やすと、もっとお肉が柔らかくなるんです。」

Aさん「へー!」

いかがでしょうか?

Aさんの言ったことを一切、否定していませんよね。

これが、もし、こう言ったら?

「Aさん、そのやり方だと、お肉が固くなるし、食感も落ちるので、間違っているやり方なんですよー!」

言われたAさんは、気分が悪くなり、周りの生徒さんも、居心地がわるくなります。

それで、先ほど、よくある2つの間違った対応を、ご紹介しました。

「先生として毅然とした態度が大切!」と思いすぎて、場を壊す
「お客さまを大切に!」と思いすぎて、遠慮しすぎてしまう

これまで、多数の先生業の方に、お会いしてきましたが、、、

なんと、8割以上の方が、このどちらかの対応をしていました。

しかも、ご本人は自覚がなく、奥がお伝えして初めて、わあ!本当だ!無意識にやってた!きゃー!という方が多いです^^;

自分の口癖や、言い回しのクセって、自分では気づけないのですよね。

先生は、正しいことを、的確にきちんと、わかりやすく、教えないといけません。

でも、接客の面では、生徒さんが楽しい、嬉しいを提供する必要もあります。

その両方ができて初めて、圧倒的に選ばれる先生になれるのですね^^

上記の例は、ほんの一例です。

ファンだらけの先生になれるコツは、まだまだありますよ^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加